ThinkPad X60を復活させる⑥2004➡20H2アップデート編

ThinkPad X60

​前回までで、X60にWindows10 2004(20H1)のクリーンインストールと(私が)最低限必要なドライバーとソフトウェアのセットアップを記録しました。
前回の記録 → ThinkPad X60を復活させる⑤Windows10インストール続編

スポンサーリンク

クリーンインストールは、あえてバージョン2004で行いましたが、いつかは最新バージョンへのアップデートが必要となりますので、今回、バージョン20H2へのアップデートを実施し、何か問題が発生しないか?確認しました。

では、「Windows Update」→『ダウンロードしてインストール』を実行。

Windows Update バージョン20H2の機能更新プログラム

インストール完了で、再起動します。

Windows Update 再起動が必要です

結果は、​「問題なし」​でした!

デバイスマネージャーでは、全てのデバイスが正常に認識されており、アップデートによる不具合はありませんでした。
また、心配していた省電力マネージャー(3.48J)についても、しきい値制御を含め、正常に動作しています。

省電力マネージャー 電源プランの選択

20H2へのアップデートにより何か不具合が出ないか?もうしばらく様子を見てみますが、あまりに上手くいったので、正直、拍子抜けしました。

振り返ると・・・、いろいろ考えるところはありますが、まぁ結果オーライとします!
ちなみに、Windows10のOSビルドは、19042.928 になっていました。

今回は以上です。

↓ 続きは、こちらです ↓
ThinkPad X60を復活させる⑦RMClockによる熱対策編

コメント

タイトルとURLをコピーしました