ThinkPad X270 メモリ32GB化 成功!

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X270

X270 に 32GBのメモリを取り付けてみました。

Lenovoの仕様では、最大メモリは 16GB。
保証外ですので、もちろん自己責任ですが、既に本体の保証は切れてます・・・

スポンサーリンク

使用したメモリ

準備したメモリは、Samsung製 M471A4G43MB1-CTD (DDR4-2666 PC4-21300)。
両面実装です。

Samsung M471A4G43MB1-CTD 外観
クリックで拡大

分解・メモリ取り外し

まずは、交換前のBIOS画面を確認。
メモリは 4096MB(4GB)
BIOS は購入時のままアップデートしていません(1.14)。
ついでに、「Config」➡「Power」➡「Disable Built-in Battery」➡ Enter で内蔵バッテリーを無効化しておきます。

BIOS画面(Mem4GB)

では、分解です。
X270の分解は初めてですが、相変わらずカバーが外れにくい・・・、時間掛かりました。
私はいつもギターのピックを使います。厚みはTHIN(薄いやつ)です。
セルロイド製なので、キズがつきにくいです。

ギター用ピック

外れました!

ベースカバー開状態
スポンサーリンク

Lenovo純正の4GBです。Lenovoのシールが貼ってあります。

純正Mem4G(裏面)

取り外した純正メモリの表面です。
SK hynix製でした。

純正Mem4G(表面)

メモリ取り付け・動作確認

いきなりですが、Samsung 32GB 取り付け完了!

Mem32G取付状態
スポンサーリンク

早速、BIOS画面で確認・・・
おーーーっ! 32768MB

BIOS画面(Mem32GB)

Windows10 立ち上げて・・・

Windows10システム画面

無事、32GB認識しました!

X60の時は残念な結果でしたが、今回はメモリが無駄にならず良かったー!
​→ ThinkPad X60を復活させる③メモリ4GB化?とデコーダーカード取付

でも、何でメーカー仕様は最大16GBなのでしょうか?
BIOSアップデートもなしで認識するとは・・・
何か落とし穴でもあるのかな?
とりあえず、これで使ってみます。

次は、NVMe SSD を取り付けてみます。
BIOS はアップデートが必要かもしれないので、アップデートユーティリティも準備。
最新BIOSは、1.40。

お疲れ様でした。

↓↓ X270 おすすめ記事 ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました