ThinkPad X270 BIOS 改造(Advanced Menu追加)

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X270

先日、T440のBIOSを書き換えて、隠しメニューの「Advanced」を表示させることができましたので、調子に乗って、今回はX270でやってみました。

ThinkPad T440 BIOS改造で隠しメニューを表示

ThinkPad T440 BIOS Advanced Menu (Hidden Menu)

T440よりも少し手こずりましたが、基本的に同じやり方で無事表示させることができました。

今回も主要な画面を記録しておきます。

スポンサーリンク

Advancedメニュー画面

「Advanced」は、通常「Date/Time」が表示されている場所に現れます。
「Date/Time」 はなくなりますので、BIOSからの日時設定をどうするのか?はわかりません・・・

X270 BIOS改造後
クリックで拡大

「Advanced」を選択すると、先ず下の画面になります。
最初の画面には4項目しかありませんが、メインとなる「Intel Advanced Menu」の中に非常に多くの設定画面・項目があり、私が撮影した枚数だけでも約200枚になりました。
それでも後から見直すと、撮影漏れが数項目ありましたので、実際には軽く200枚を超えると思います。
また、設定が「Disabled」になっている項目を「Enabled]に変更すると、追加の設定項目が出現したりもしますので、全ての項目を確認しようとするのは無謀でした・・・

内容的には「OverClocking Performance Menu」など、メーカー製PCではあり得ない(と思う)設定項目があり、X270で「そこまでやるか!」と思わず叫びました。
X270って、そんなポテンシャルがあるのでしょうか・・・?

各画面左側に「▶」が表示されている項目を選択すると、さらに下の階層が出現します。
項目によっては、5~6階層ぐらいあり、今どこにいるのか?何度も迷子になりました(笑)

X270 Advanced

 ※「SMBIOS Event Log」と「Platform Information Menu」の写真は割愛します。

Intel Advanced Menu トップ画面

「Intel Advanced Menu」を選択した最初の画面です。
18個の設定項目があります。

X270 Intel Advanced
クリックで拡大
スポンサーリンク

各項目の画面(抜粋)

上の写真の4~18の項目について、各画面を撮影した写真を記録します。
基本、それぞれの項目の最初の画面(1階層目)を掲載しています。
一部、さらに下の階層を掲載している項目もありますが、選択理由は特にありません。

PCI Subsystem Settings

X270 PCI Subsystem Settings
クリックで拡大

ACPI Settings

写真上部のタイトルに①②としているのは、画面をスクロールして2枚撮影しています。
以下、1つの画面でスクロールが必要な画面は写真上部のタイトルに①②③・・・として記録しています。

X270 ACPI Settings①
クリックで拡大
X270 ACPI Settings②
クリックで拡大

CPU Configuration

項目が多く、スクロールして4分割しています。

X270 CPU Config①
クリックで拡大
X270 CPU Config②
クリックで拡大
X270 CPU Config③
クリックで拡大
X270 CPU Config④
クリックで拡大

OverClocking Performance Menu

X270 OverClocking Menu
クリックで拡大
X270 OverClocking-Processor
クリックで拡大
X270 OverClocking-Memory①
クリックで拡大
X270 OverClocking-Memory②
クリックで拡大
X270 OverClocking-Memory③
クリックで拡大
X270 OverClocking-Memory④
クリックで拡大

Power & Performance

X270 Power&Perfomance
クリックで拡大
X270 Power&Perfomance>CPU①
クリックで拡大
X270 Power&Perfomance>CPU②
クリックで拡大
X270 Power&Perfomance>CPU③
クリックで拡大
X270 Power&Perfomance>CPU④
クリックで拡大

Memory Configuration

X270 Memory Config①
クリックで拡大
X270 Memory Config②
クリックで拡大
X270 Memory Config③
クリックで拡大
X270 Memory Config④
クリックで拡大
スポンサーリンク

System Agent (SA) Configuration

X270 SA Config①
クリックで拡大
X270 SA Config②
クリックで拡大

PCH-IO Configuration

X270 PCH-IO Config①
クリックで拡大
X270 PCH-IO Config②
クリックで拡大
X270 PCH-IO Config>PCI①
クリックで拡大
X270 PCH-IO Config>PCI②
クリックで拡大

PCH-FW Configuration

X270 PCH-FW Config①
クリックで拡大
X270 PCH-FW Config②
クリックで拡大

Thermal Configuration

X270 Thermal Config
クリックで拡大

Platform Settings

X270 Platform Settings①
クリックで拡大
X270 Platform Settings②
クリックで拡大
X270 Platform Settings③
クリックで拡大
X270 Platform Settings④
クリックで拡大
X270 Platform Settings⑤
クリックで拡大

Realsense 3D Camera Settings

X270 Camera Settings
クリックで拡大

RTD3 Settings

X270 RTD3 Settings①
クリックで拡大
X270 RTD3 Settings②
クリックで拡大

Thunderbolt (TM) Configuration

これを選択するとBIOS画面を強制的にExitしてWindows10が起動してしまいます。
よって、内容不明で画面写真もありません。

Intel ICC

X270 Intel ICC
クリックで拡大

まとめ

T440でのBIOS書き換えに続き、X270でもやってみましたが、T440と比較してX270 のAdvancedメニューのボリュームはT440の2倍以上はありそうです(感覚ですが・・・)。
決してT440の項目数が少ない訳ではないので、X270の設定項目数はとんでもないです。
もちろん、ほとんどの項目が私には理解不能ですので、むやみに変更するのは、かなり危険です。
しかし、中にはとても心惹かれる設定項目もありましたので、また時間がある時にでも遊んでみたいと思います!

以上、あまりのボリュームに、後半はかなり手抜きになってしまいましたが、ご容赦ください!

なお、今回も以下のページを参考にさせていただきました。
 Custom BIOS – ThinkWiki

興味のある方は、自己責任でどうぞ!!


↓ X240でもやってみました! ↓
ThinkPad X240 アドバンスドメニュー画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました