ThinkPad X240 パームレスト&キーボード交換記録

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240
スポンサーリンク

はじめに

ジャンクで入手したX240の不良個所として、パームレスト(キーボードベゼル)にひび割れが2ヶ所ありました

たいした問題ではないのですが、苦労して復活させたジャンクX240に妙な愛着が湧いてしまい、奮発して部品を購入し、交換することにしました!

↓ 苦労して復活させた記録はこちら ↓
ThinkPad X240 BIOS修復 & SVパスワード(備忘録)

しかし、パームレスト交換にはシステムボードを取り外す必要があるため、かなり難易度が高そうなイメージがあります。

以下、パームレストからシステムボードを取り外す作業を中心に、分解方法について記録します。

使用部品

購入したのは、既にパコパコパッド付きのパームレストです。
指紋センサーも付いているアッセンブリーです(FRU:04X5180)。

手持ちの部品として、クリックボタンが独立したタイプのパッド(X250以降用)もありましたが、取りあえず今回は パコパコパッドのままにしました。

クリックで拡大
クリックで拡大

あと、バラすついでに、キーボードとCMOS電池も交換します。
キーボードは、中古美品のバックライトなし品を入手(FRU:04Y0931)。
CMOS電池は、新品を購入しました(FRU:45N5864)。

クリックで拡大
クリックで拡大

分解手順

分解手順は、Lenovoのハードウェア保守マニュアルをはじめ、ネットでもたくさん紹介されていますので、詳細は割愛しますが、今回の方針として、脱着するものが最小限(手抜き、横着とも言う・・・)になるよう考えながら作業しましたので、その手順を記録しておきます

   ハードウェア保守マニュアル – ThinkPad X240

また、作業後に「これは外さなくても良かったかも・・・?」と思われる箇所もありましので、併せて記録しておきます。

大まかな流れとしては、以下の3ステップです。

  1. パームレストからシステムボードを取り外す
  2. パームレストとLCDユニットを切り離す
  3. パームレストから再利用する部品を取り外す

なお、作業開始前には、内蔵バッテリーを無効化しておきましょう!

スポンサーリンク

システムボード取り外し

それでは、バッテリー、ベースカバーを取り外した状態から記録します。

下の写真が取り外すネジ(赤○印)とケーブルコネクター(紫□印)の位置です。
ただし、黄〇印水□印は、取り外さなくてもOKかもしれませんので、様子を見ながら対応してください(私は外してしまいました)。

クリックで拡大

メモリとワイヤレスLANカードについては、システムボードを取り外す上では取り付けたままでも問題ないと思います(私は流れで取り外してしまいました、当然取り外す方が安全です)。

また、CPUのヒートシンク&ファンも取り外し不要かもしれませんが、パイプが曲がる等、二次災害の可能性がありますので、外した方が無難でしょう。

ネジとケーブルを取り外したら、下の写真のようにシステムボードをパームレストから浮かせて裏返しに置きます。
一部のケーブルは繋がった状態ですので、断線させないよう要注意です。
なお、システムボードを取り外す際、1ヶ所だけ両面テープが使用されていましたので、注意しながら引っ張ってください(バキッ)。

パームレストとLCDユニット切り離し

次にLCDユニットを保持しているヒンジのネジ6本(赤〇印)と ケーブルコネクター(紫□印) 1ヶ所を取り外します。

クリックで拡大

ネジを取り外した後、手でヒンジを起こすと、パームレストが引き抜けるようになります
ヒンジは結構硬いので、注意してください。

LCD、パームレスト、システムボードの3枚に下ろした状態です。
※写真では、次で取り外せばよい「半透明樹脂製カバー」を勇み足で取り外してしまっています。

パームレストから再利用する部品取り外し

パームレストに残っているもので、再利用する部品は、キーボードを押さえている 半透明樹脂製のカバー、スピーカー(ブラケット含む、写真右下部) とネジです。
※下の写真はパームレストとLCDユニット切り離し前のものを流用しています。

クリックで拡大

樹脂製カバーは、ネジ5本を取り外した後、下へスライドして引き抜くようにすると取り外せます。

スピーカーは、ブラケットを含め、ネジ4本で取り外せます。

最後にキーボードを固定している残りのネジ6本を取り外しておけば、分解は完了です!

ちなみにここまでで取り外したネジ類は、下の写真のようにマグネットシート上に並べて保管していました(キーボード固定のネジ6本は除く、一部取り外し不要のネジも含まれています)。
100均のマグネットシートですが、取り外した位置に合わせて都度置いていくと、組み付ける際に迷わずに済みますので、おすすめです!

スポンサーリンク

フィルム(フラット)ケーブルについて

キーボードの裏側には、パコパコパッドや指紋センサーに繋がるフィルムケーブルが両面テープで貼り付いていますが、これがちょっと面倒です。

このケーブルは、キーボードとは関係ないケーブルなので、キーボードには付属していません。
したがって、キーボード交換の際には、このケーブルを再利用しないといけないのですが、キーボードから剝がす際、ケーブルが断線しないかヒヤヒヤします。

今回の私の場合は、購入したパームレスト(アッセンブリー)に新品のケーブルが付属していたため、キーボードから剥がす必要はありませんでしたが、両面テープで貼り付ける前にケーブルを数ヶ所、折り曲げる必要があります

だいたい、フィルムケーブルを折り目が付くように折り曲げるなんて、私自身の常識からは外れており、かなり躊躇します。

しかし、折り目を付ける箇所には、わざわざ折り線が印刷されており、折り曲げることを前提としたケーブルになっているのだろうと信じて折り曲げましたが、手加減が難しく、とても時間がかかりました。

なぜ、わざわざ折り曲げるような設計にしたのだろう?とブツブツと言いながら貼り付けまで行いました。

クリックで拡大

折り曲げ&貼り付け完了です!
CMOS電池も新品を取り付けました。

まとめ

この後、取り外した部品を元通りに組み付ければ完成です。
とてもキレイに蘇りました!

今回は、バラし方を考えながら(+記録写真を撮影しながら)作業したので、結構時間が掛かりましたが、当初思っていたよりネジの数も少なく、次回は1時間程度でできるかもしれません。

ただ、部品の脱着よりも、上で説明したフィルムケーブルを始めとするテープ系の剥がしや再貼り付けがとても面倒で、これに手こずると時間が掛かるかもしれません・・・

全体的には難易度低めですので、部品さえ手に入れば、気軽にチャレンジしても大丈夫だと思います。

もちろん、自己責任で!

最後に

早速使用してみましたが、やはり、パコパコパッドはダメでした・・・
そもそも使い慣れていないことに加えて、新品だからか?、外れ個体なのか?わかりませんが、右クリックの反応が極端に鈍いです(泣)
明日、 クリックボタン独立タイプに交換します! (笑)

それと、パームレストの色が新旧で微妙に違うことに気付きました。
並べて比較しないとわからない程度の微妙な違いですが、気になったのでチョット調べてみました。
調査結果は、また改めて記録します。

今回は以上です!

↓ 続きを記録しました ↓
X240 パコパコパッドとパームレストの種類・互換性について検証

コメント

タイトルとURLをコピーしました