ThinkPad T440p Windows11インストール記録

ページのアイキャッチ画像ThinkPad T440

先日、ThinkPad X240にWindows11のクリーンインストールを試みたところ、特に問題なく完了してしまいました。
 リンク →Windows11をX240にインストールした記録→できました

そもそもWindows11のシステム要件を満たしていないX240へのインストールで、Windows11は最後まで何の文句も言いませんでした。

なんだか、よくわからないまま完了してしまったので、今回は同じHaswell世代のT440pにインストールしてみました

T440pは本ブログ初登場ですのでスペックを簡単に紹介しておきます。
 CPU:Intel Core i7-4710MQ
 Memory:16GB
 SSD:1TB
 Graphics:Intel HD Graphics4600NVIDIA GeForce GT730M

T440p 外観

なお、今回はテストインストールのため、使い回し用のSSD(10年前のIntel X25-M 160GB)に一時的に換装しました。

スポンサーリンク

インストール結果

では、今回も先に結果です。

T440pも問題なくWindows11のインストールが完了しました。

Win11 起動画面

それにしても、システム要件の「TPM2.0」とは、何なのでしょうか?

X240の場合は、BIOSの「Security Chip」を『Discreat TPM』から『Intel PTT』に変更することでTPM2.0に設定変更することができましたが、T440pのBIOSには、その項目がありません。
よって、T440pは「TPM1.2」のままインストールを行ったことになります

それでもWindows11は、インストール中に一切文句を言いませんでした

X240のSecurity設定
クリックで拡大
T440pのSecurity設定
クリックで拡大

また、Windows11インストール後にデバイスマネージャーやセキュリティプロセッサの詳細等でTPMのバージョンを確認すると、当然ながら「TPM1.2」と表示されますが、警告や注意のメッセージは見当たりません。

Win11 デバイスマネージャー
クリックで拡大
Win11 セキュリティプロセッサの詳細
クリックで拡大

結局、T440pへのインストールでも手掛かりは発見できず、「Windows11システム要件」の謎は深まるばかりでした。

スポンサーリンク

インストール要領

インストールについては、X240と同じ要領で行いました。
ただし、T440pのBIOSには「Security Chip」をTPM1.2→2.0に変更する設定が見当たらないため、1.2のまま放置しました(放置するしかない!)。

  1. Rufusを使ってWindows11インストールファイル(ISOイメージ)をダウンロード
    引き続き、Rufusでインストール用USBメモリを作成
    <2021/11/28追記>
     Win11インストール用USBメモリ作成方法の記事をUPしました!
     Windows11のインストール用USBメモリを無料で作成する方法
  2. T440pのBIOSで「Secure Boot」を『Disabled』から『Enabled』に変更
    この変更で「UEFI/Legacy Boot」の設定が『UEFI Only』に変更される
  3. Rufusで作成したUSBメモリを挿入し、T440pの電源ON後、『F12』で「Boot Menu」を表示させ、USBメモリから起動
  4. Windows11インストール
    インストール完了時点で、デバイスマネージャーに「?」マークのデバイスが6つ
    GeForce GT730Mは認識されているが、ドライバーが当たっていない
  5. Windows Update
  6. ドライバーの更新プログラム
    デバイスマネージャーの「?」マークがなくなる
    GT730MのドライバーもOK

インストールの記録

インストールの詳細はX240のページを参照していただくとして、ここでは簡単にポイントだけ記録しておきます。

Windows10の事前確認

まず、Windows10のデバイスマネージャーでTPMのプロパティを確認。
念のため、セキュリティプロセッサの詳細も確認しておきましたが、どちらも「TPM1.2」でした。

Win10 デバイスマネージャー
クリックで拡大
Win10 セキュリティプロセッサの詳細
クリックで拡大

次にX240の時と同様、Windows10の状態で、「PC 正常性チェック アプリ」を実行してみましたが、やはり結果は「NG」でした(画面キャプチャー忘れ・・・)。
 リンク →PC 正常性チェック アプリのダウンロード(microsoft.com)

BIOSの設定

BIOS設定は、「Secure Boot」の項目のみ『Disabled』から『Enabled』に変更しました。
変更時、「UEFI/Legacy Boot」の設定が『UEFI Only』に自動的に変更される旨、メッセージが出るので、『Yes』で変更します。

Secure Boot 設定変更確認Msg
クリックで拡大
UEFI/Legacy 設定状態
クリックで拡大

ちなみに、インストール時のT440p UEFI BIOS Versionは、GLETA1WW(2.55)でしたが、Lenovoのサイトに新しいBIOS(2.56)がアップされていたので、Windows11インストール後にアップデートしてみました。
しかし残念ながら「Security Chip Selection」の項目は現れませんでした・・・

T440p BIOS v2.56
スポンサーリンク

Windows11 インストール

インストールの所要時間は約30分(弱)で、Win10のインストールより短い気がします。

インストール途中の画面はX240とまったく同じだったため割愛しますが、唯一、異なった点としてT440pの時はプロダクトキーを入力するラインセンス認証画面が出てきませんでした。
X240も『プロダクト キーがありません』を選択して進めると、最終的には勝手にライセンス認証されていましたので、デジタルライセンスにもいろいろな形態があるのでしょう。
まぁ、些細なことですし、それ以上は私にはわかりません(追及する気もありません)。

この時点での Windows11のOSビルドは「22000.194」です。

Win11 バージョン情報(194)

Windows Update &ドライバーの更新プログラム

インストール後、Windows Updateを行うとWindows11のOSビルドは「22000.282」になりました。
数日前、X240でWindows Updateした時は「22000.258」だったので、 更新が早いです。

Win11 バージョン情報(282)

インストール直後はデバイスマネージャーに「?」が6つありましたが、ドライバーの更新プログラムを完了すると「?」のデバイスはなくなりました。
GT730Mのドライバーもインストールされました。
TPMは「1.2」です!

Win11 デバイスマネージャー ドライバ更新前後比較

Windows Updateは、Windows自体のインストールより時間が掛かりました。

スポンサーリンク

インストール状態確認

「インストール結果」でも記録した通り、Windows11インストール後にデバイスマネージャーやセキュリティプロセッサの詳細を見ても、当然ながらTPMバージョンは「1.2」です。
しかし、警告や注意のメッセージは一切なく、「✅ 処置は不要です」と表示されています!?

Windows セキュリティ画面

一方、Windows11インストール後に改めて「PC 正常性チェック アプリ」を実行してみると、やはり「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」と判定されました。
どっちやねん!

PC 正常性チェック 結果

まとめ

何度も繰り返しになりますが、「Windows11システム要件」って、いったい何なのでしょうか???
素人の私には、まったく理解不能です・・・

もしかしたら、今後「TPM2.0」非対応の弊害が出てくるのかもしれませんが、どんな弊害なのか?想像もつきません。
Microsoftさん、もう少し解りやすく解説してください!

最後になりましたが、Windows Helloの指紋認証は、T440p、X240とも問題なく動作しました!

おしまい!

↓ X270にもインストールしてみました ↓
X270にWindows11をインストール~TPMは必要?

↓ T440pのWireless LANをアップグレード! ↓
T440p 無線LAN デュアルバンド対応カードに交換した記録

タイトルとURLをコピーしました