人気ブログランキング 参加中!

格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

以前の記事で、ThinkPad X240に格安SSDのKLEVV NEO N400 120GBを取り付けてみました。

 リンク :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB

その後、分解して中身を確認したところ、なかなか興味深かったので、他の格安SSDも調べてみたくなりました。

 リンク :KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認

そして今回は、WINTEN WT200という格安SSDを試してみました。

スポンサーリンク

WINTEN WT200 256GB

まずは、パッケージの外観です。

WT200 パッケージ 表面
WT200 パッケージ 裏面

中身です。
4つ折りにされた取扱説明書と7mm厚→9mm厚への変換スペーサーが同梱されています。
取扱説明書は、全て日本語です。
外国語の翻訳版ではなく、日本人がオリジナルで作成したと思われます。
スペーサーは両面テープで貼り付けるタイプです。

WT200 中身 外観

SSD本体の筐体は全てプラスチック製で、表面の黒い金属のヘアライン仕上げのようなデザインは、「WINTEN」のロゴマーク等を含め、全面シール貼りです。

裏側です。
Made in Chinaですね!
ボカシている箇所は、シリアルナンバーっぽいシールが貼られています。

WT200 本体 裏面

個人的感想ですが、やはり全面プラスチックというのは、安っぽく見えます。
外観については、全面アルミ製+塗装のKLEVV NEO N400の方が好みです。

X240で動作確認

はい、早速ですがX240への取り付け完了しました!
取り付けについては、何の違和感もなく取り付けできましたので、筐体の成型精度等は問題なさそうです。

X240への取付状態

電源を投入してBIOSで認識されているか確認。
無事、認識されていました!

BIOS Boot Priority Order 画面

そしてWindowsのインストールです。
前回のKLEVV NEO N400と比較するため、Windows10(21H1)をインストールしました。

インストールは順調でしたが、順調すぎて、パコパコパッドのドライバー問題を失念・・・
うかつにもWindows UpdateでSynapticsのドライバーをアップデートしてしまい、クリックボタンが効かなくなってしまいました。

デバイスマネージャーで一旦、前のドライバーに戻してから、例のドライバーをインストール!
そして、グループポリシーエディターで、デバイスのインストール禁止処理を行いました。

UltraNavのプロパティ

 リンク :パコパコパッド交換後②ドライバーが勝手に更新される問題を解決

インストールが落ち着いたところで、デバイスマネージャーとCrystalDiskInfoで確認。
どちらも正しく認識されており、ここまでは問題なし!

CrystalDiskInfo 画面

しかし、CrystalDiskInfoの温度表示がいつ見ても40℃になっているような気がします。
値が固定されているのかも??

さらに気付いたこととして、CrystalDiskInfoに表示されているシリアルナンバーが、SSD本体裏側シールのナンバーと全然違います
CrystalDiskInfoの表示が18桁に対して本体裏側は15桁で、部分一致もありません。

シリアルナンバーは製品の品質を保証するための重要項目なので、ちょっと心配になりました。
不具合が出た時のトレーサビリティは大丈夫なのだろうか・・・

ちなみに、KLEVV NEO N400は、パッケージ封印シールのナンバーとSSD本体のナンバー、さらにCrystalDiskInfoで表示されるナンバーの3つがきれいに一致していました。

KLEVV シリアルナンバー

では、気を取り直して、CrystalDiskMarkです。
仕様はRead:最大550MB/S、Write:最大490MB/S です。
「最大」となっているのが、何か逃げ道を作っているような書き方です。

結果は・・・、Readが遅いですね。
しかも、Writeより遅いって、珍しい。
ていうか、なんかおかしいような・・・

CrystalDiskMark 結果

念のため、もう1回計測してみましたが、数値はほとんど同じでした。

まぁ、仕様はあくまで「最大値」なので、嘘はついていませんが・・・
格安SSDなので、とりあえず動けば文句は言いません。

スポンサーリンク

コントローラー・NANDの確認

このSSDに使用されているコントローラーやNANDについては、販売サイトのページやパッケージを見ても見当たりません。
おそらく公表していないのでしょう。

ということで、現物で確認です。

まずは、SSD-Zで見てみましたが、コントローラー、NANDともに「n/a」。
まぁ、SSD-Z自体が古いソフトなので仕方がない。

SSD-Z 結果

次に、おそらくコントローラーは「SMI」か「Phison」だろうと予想し、「smi_flash_id_ata」と「phison_flash_id」を実行してみました。

すると、「smi_flash_id_ata」がヒット!
コントローラーは、「SM2258(XT)」と出ました。

そして、NANDが・・・、「Sandisk 96L BiCS4 TLC・・・」。
ホントか???

smi_flash_id_ata 結果

これは、開けてみるしかない!
本体裏のシールには英語で「ケースを開けると保証は無効になる」となっていますが、封印シールがないので、開けても証拠が残りません。

開けました!
裏側の蓋がツメではまっているだけなので、簡単に開けれます。
やはり筐体はオールプラスチック製です。

WT200 分解画像①

基板を取り外しました。
基板上には、コントローラーとNANDが4個実装されています。

WT200 分解画像②

基板の裏側はこんな感じです。

WT200 分解画像③

コントローラーの拡大です。
SM2258XT」の刻印があります。
これは「smi_flash_id_ata」の結果と一致しています。

コントローラー

次にNANDですが、「HVKL4FJ」が3個と「HVKLFJJ」が1個の計4個(なぜ全部同じでない?)。
黄色インクの「93BVKLJ」は何を意味しているのだろうか?

NAND

「smi_flash_id_ata」では、Sandisk製と出ましたが・・・、これらの型番をネットで調べてもヒットしません。

ヒットしたのは、またもや偽装疑惑的なネガティブな話ばかり・・・
所詮、格安SSDですから、これ以上深く追及するのはやめました。

ホント半導体の世界って闇だな~

とりあえず、トラブルなく働いてくれることを願います。

以上で、今回の記録は終了です。

では、また格安SSDを入手したら、懲りずに調査・記録します!

タイトルとURLをコピーしました