電源ONで即電源が落ちるX240をBIOS書き換えで修理した記録

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

今回も他人所有のX240の修理記録です。

最近は、よそのマシンを修理する機会が増え、まるでサポートセンターか修理屋さんのようになっています。
おかけでブログを更新する時間もネタもありません・・・

個人的には、あまり修理ネタは増やしたくないのですが、今回の修理では今後のために残しておきたい内容があったので、備忘録を兼ねて記録しておきます。

X240 外観
スポンサーリンク

不具合状況の確認

症状は、「電源を入れても、すぐに電源が落ちる」というものです。

実際に試してみると、まず、ACアダプターを差し込んだ時、普通は電源ランプ(緑LED)が3回点滅しますが、このX240は4回点滅します

そして、電源ボタンをONすると、以下のような状況でした。

  • 電源ランプ(緑LED)が4回点滅した後、ランプが消える
  • 電源ボタンを押した直後、「Fn」キーの緑LED、「F1」と「F4」のオレンジLEDが一瞬点灯する(これは普通の動作)
  • 液晶画面は何の反応もしていない(ように見える)
  • CPUファンは電源ON直後に一瞬回っているが、電源ランプ消灯後止まる
不具合の症状

念のためACアダプターを安定化電源に取り替えて確認すると、電源ONで一瞬だけ電流値が上がりますが、すぐに0アンペアになり、電源が落ちていることがわかります。

ちなみに以前、BIOSの書き換えで復旧できたX260は、電源は落ちることなく、電源ランプが点灯したままダンマリ状態でした。
 リンク :通電するが起動しない!ジャンク X260を修理した記録

ということは、これは単にBIOSデータの破損ではなく、何かシステムボード上の部品が壊れているのかもしれません。
もし、そうだとしたら、私にはムリかも・・・

先ずはBIOS書き換え・・・で復旧!?

原因はシステムボードかもしれない・・・と思いつつも、システムボードを取り外す前にとりあえずBIOSの書き換えを試してみることにしました。

まずは、CPU横の黒いフィルムを剥がしてBIOSに接続。

X240 BIOS

いつもの通り、最初にオリジナルのBIOSを読み出してバックアップファイルとして保存します
たとえ壊れているBIOSデータであっても、復旧の際に役立つ情報が残っている可能性が高いので、このバックアップはとても重要です

バックアップが終わったら、次に手持ちのX240のBIOSデータを適当にみつくろって、フラッシュします。
「適当に」と書きましたが、一応、ME(Intel Management Engine)問題回避のため、「ME Clean」という前処理をしたBIOSデータを選びました。
また、MACアドレスはバイナリエディタを使って、オリジナルのアドレスに変更しておきました。

フラッシュが完了したら、早速電源ONで状況確認ですが、その前にACアダプターを接続します。

で、コネクター差し込んだ途端、勝手に電源が入り・・・、なんと、立ち上がってしまいました!
もちろん、BIOSにも入れます。

X240 復旧後 BIOS画面

復旧したようです!
ラッキー!!!

スポンサーリンク

Windowsのデジタルライセンスデータ

BIOS書き換えで無事復旧!!で、問題は解決したと思っていましたが、Windows10を再インストールすると、新たな問題が発生しました

Windows Update完了後、設定画面を開けると画面下部に「Windowsがライセンス認証されていません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。」と表示されています???

Winodowsがライセンス認証されていません

最近、自分が取り扱ったThinkPadは、すべてデジタルライセンスで勝手に認証されていたので、初めて見るメッセージだ。

しかし、BIOS画面には、「Preinstalled OS Licence」が表示されており、このX240がデジタルライセンス非対応の個体だとは考えにくい。
とすると、BIOSを書き換えたことが何か影響しているのだろう・・・

BIOS画面 Preinstalled OS License

で、さらに他のBIOSデータに書き換えてWindows10を再インストール!を繰り返してみた結果、やはりWindowsのプロダクトキーがBIOSに書き込まれていることを再認識しました。

しかも、その文字列は「xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx」の配列で、個体ごとに個別のキーが書き込まれているようです。
※すべてが個別かどうかは断言できませんが、私が確認したBIOSデータは全て異なる文字の組み合わせでした。

そして、事前にバックアップしておいたオリジナルBIOSデータをバイナリエディタで確認してみると・・・
無事残っていました!「xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

BIOSデータ Windowsライセンスキー

【備忘録】
 X240の場合、Windowsのプロダクトキーは、BIOS上のEEF155h~EEF1A9h辺りに書かれていた。
すべてのマシンが同じ場所かどうかは断言できないが、今回確認したいくつかのBIOSデータについては、すべて上記アドレスに書かれていた。
 もし、上記アドレスに見つからない場合は、BIOS画面の「Preinstalled OS Licence」の内容をキーにして検索すると、その近くに見つけることができる(と思う)。

早速、このオリジナルのプロダクトキーを書き換えに使用したBIOSデータに上書きでコピペして、再度フラッシュ!

その後、Windows10を再インストールすると、今度はいつも通り、「Windowsはデジタルライセンスによってライセンス認証されています」と表示され、無事解決しました!

Windows ライセンス認証画面

それにしても、今まで何度か他のマシンのBIOSを使用して書き換えしてきたが、このような現象は今回が初めてだ。
しかも、他のマシンのプロダクトキーを入れたまま、放置しているマシンもある・・・

まぁ、すでに書き換え済のマシンについては、(問題なければ)そのまま放置するとして、今後の書き換えの際にはMACアドレスと併せてプロダクトキーもオリジナルに戻すように気を付けよう。

X240 外観(復旧後)

まとめ

今回の症状を最初に見た時は、システムボード部品の物理的な不具合かと思いましたが、BIOS書き換えだけで復旧してラッキーでした。

このような症状の際、BIOSデータ破損が原因の可能性もあるということが、今後の参考になると考え、記録に残しておきます。

また、Windowsのライセンスキーについても、あまり気にしていなかったことを再認識することができました。

今まで、MACアドレスについては、各マシンオリジナルのアドレスに都度書き換えていましたが、今後はライセンスキーも忘れず、書き直すようにします!

以上、備忘録でした。

別個体のX240修理記録です ↓
ThinkPad X240の画面が映らない!?ヒューズ交換で修理

タイトルとURLをコピーしました