NVMeも激安!SUNEAST SE900 NVG3を試してみた

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X1 Carbon 5th

先日の記事で2.5インチSATA仕様のSUNEAST SE900について記録しましたが、今回はNVMe仕様SE900について記録します。

SATA仕様と同様、某ネットショップで256GB/512GB/1TB/2TBの4種類が激安販売されていたので、512GB版256GBの2種類を購入してみました。

1TB版も購入しようか?と考えましたが、メーカー仕様によると、なぜか1TB版だけ他より読込速度が低かったので、とりあえず今回は見送りました。
何が違うんだろうか・・・?単なる間違いかな?

  • 256GB:読込 3200MB/s  書込 1200MB/s
  • 512GB:読込 3500MB/s  書込 1800MB/s
  • 1TB  :読込 2500MB/s  書込 1800MB/s
  • 2TB  :読込 3500MB/s  書込 2800MB/s

   
↓ ちなみに私はYahoo!ショッピングで購入しました! ↓

スポンサーリンク

まとめて開封確認!

まずは、パッケージ表面です。
デザインは、基本、SATA仕様のものと同じで表示はすべて日本語です。
どうでもいいことですが、SATAが横型の箱だったのに対してNVMeは縦型になっています。
下段の「512GB~」、「256GB ~」の容量表示はシールです。

SUEAST SE900NVG3 パッケージ外観(表)

裏面です。
こちらも日本語表示で下段に保証書が付いています。
SATAは、5年保証でしたが、こちらは3年保証と短くなっています。
なぜでしょう?
また、SATAの製品仕様欄には「コントローラー:Maxio Technology」の記載がありましたが、こちらにはありません。
容量によってコントローラーのメーカーが違うのだろうか・・・?
「Made in China」は、SATAと同じです。

SUEAST SE900NVG3 パッケージ外観(裏)

封印を切って、開封しました!
白いプラスチックのトレーが2段構造になっていて、SSD本体が載っている1段目を持ち上げると、2段目のトレーにネジが1本入っていました。
今回は使用しませんでしたが、なかなか気が利いています!
読まない?紙類は一切入っていませんでした。

SUEAST SE900NVG3 パッケージ中身

SSD本体です。
片面実装タイプで、チップが実装されていない面にラベルが貼られています。
販売サイトの画像では、チップの上にラベルが貼られていましたが、現物は違いました。
ラベルには、シリアルナンバーの他、発売元の会社名が日本語で印刷されています。
リサイクルマークも日本仕様で、「トレイ」や「箱」についてまで本体ラベルに印刷しているところが律儀?です(笑)

SUEAST SE900NVG3 SSD本体外観(ラベル面)

チップ実装面です。
それぞれ、コントローラーとNAND×4個が載っています。
やはり、コントローラーは、SATAと同じくMaxio製です。
NANDは、512GBが「VSSDT01TA104」、256GBが「SDE4I512GB61AA1CZ」とまったく型番が違います。

SUEAST SE900NVG3 SSD本体外観(チップ実装面)

ちなみにSATAの256GBのNANDは「VSSDT064BA104」だったので、512GBの型番と似ています。
いずれにせよ、ググってもヒットしないので、詳細はわかりません。

コントローラーの拡大です。
よく見ると、NANDの型番が違います。
512GBは「MAP1202A」で256GBは「HKP10204A」と刻印されています。

SUEAST SE900NVG3 コントローラー拡大

Maxio社のHPを確認すると「MAP1202」は、PCIe NVMe1.3 インターフェース用として掲載されていますが、HKP10204」はありません・・・
まったく新しいコントローラー???
まぁ、どうせ調べても分からないだろうから、先に進みます!

スポンサーリンク

一気に動作確認!!

テストマシンは、ThinkPad X1 Carbon 5thです。
最近のNVMe SSDのテストでは、いつもこのマシンを使用しています。

SUEAST SE900NVG3 X1 Carbon 5th 取付状態

BIOSでの認識状態です。
512GBが「SUNEAST SE900NVG3 512GB」、256GBが「SUNEAST SE900NVG3 256GB」でした。

SUEAST SE900NVG3 BIOS認識状態

CrystalDiskInfoです。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、ラベルに印刷されていた番号と一致していました。
温度センサーも機能しているようです。
512GB」と「256GB」でファームウェアのバージョンが微妙に違っています。
コントローラーが違うからかな?

 SUEAST SE900NVG3 CrystalDiskInfo結果
クリックで拡大

では、CrystalDiskMarkです。
最近になって『設定』メニューから『NVMe SSD』を選択できることを知りましたが、今までずっと『デフォルト』でテストしていたので、今回も『デフォルト』のままで実行します。

さて、メーカー仕様は以下の通りですが、結果は・・・
 ・512GB:読込 3500MB/s  書込 1800MB/s
 ・256GB:読込 3200MB/s  書込 1200MB/s

スポンサーリンク

なんだか、どちらもよく似た数値になりました・・・
気になったのは、「512GB」のシーケンシャル読込みがメーカー仕様3,500MB/sに遠く及びません。
何度か実行してみましたが、私の環境では3,200MB/sを越えることはありませんでした。
一方、「256GB」のシーケンシャル書込みについては、メーカー仕様の1,200MB/sに対して1,800MB/sを下回ることはありませんでした。
なんか、スッキリしない結果となりましたが、激安SSDに文句は言いません!

SUEAST SE900NVG3 CrystalDiskMark結果

一応、「512GB」のCrystalDiskMark実行時の温度ログも記録しておきます。
Max温度は45℃とNVMeにしては低めのような気がします。
もちろん、絶対値が正しければの話ですが・・・
ちなみに「256GB」も同じようなグラフで、Max温度は46℃と誤差範囲の違いでした。

 SUEAST SE900NVG3 CrystalDiskMark実行時の温度ログ

   
最後に「maxio_nvme_fid」と言うソフトでコントローラーとNANDを調べてみました。
512GB」で実行すると、なぜかエラーが出るのですが、気にしないでください。

まず、コントローラーですが、チップ上の刻印では、512GBが「MAP1202A」、256GBが「HKP10204A」となっていましたが、maxio_nvme_fidの結果は、どちらも「MAP1202」と出ました・・・
よくわからん・・・

そして、NANDは、どちらも「Sandisk 112L BiCS5 TLC ~」です(容量は違います)。
これは、SATAのSE900も同じでした。

SUEAST SE900NVG3-512G maxio_vme_fid結果
クリックで拡大
SUEAST SE900NVG3-256G maxio_vme_fid結果
クリックで拡大

もちろん、これが「本物か?」とか「正規品か?」とかは、追及しません。
とにかく激安SSDなので、フツーに動いてくれれば、それで十分です!

まとめ

最近は、NVMe SSDを必要とする場面が増えてきたので、SE900のような激安SSDが常時購入できるようになれば、ホント助かります。

まぁ、細かいことを言えば、???な点も多々ありますが、激安にしては、パッケージ・性能とも、それなりによく出来ているので、私にはこれで十分です。

とにかく、激安SSDに過度な期待はしていないので、これからもフツーに動いてくれることを願います!

今回は以上です。
   

↓ 格安NVMe SSD 他にもあります!
Moment MT34 256GB NVMe 格安SSD 試用記録
格安?JUHOR J800 256GB NVMe SSD試用記録
格安!PASOUL(パソウル)NVMe SSD を試してみたら・・・

↓ SATA仕様 SUNEAST SE900はコチラ ↓
SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)
タイトルとURLをコピーしました