Dahua C800Aを分解したら…RAYMAX?REALTEK?

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

格安SSD(2.5インチ SATA)シリーズ 第12弾!

今回は2.5インチ SATA SSD Dahua(ダーファ) C800A 256GBを試してみました。

 リンク:Dahua Internal SSD

私自身、聞いたことのないメーカーなので、何か新しい発見があればいいなぁ・・・と思い購入してみました。

結果、またもや初見のコントローラーが搭載されていました!

スポンサーリンク

Dahua C800A 開封確認

まずはパッケージ表面です。
右上の「256GB」容量表示部分はシールになっています。

Dahua C800A パッケージ表面

裏側です。
左側部分はやはりシールですが、モデル名やシリアルナンバー、製造日?等いろいろ印刷されています。
ちなみに、このシリアルナンバーですが、CrystalDiskInfoで表示されるSSD個体のシリアルナンバーと一致していたので、チョット驚きました(一流メーカーなら当たり前ですが・・・)。
それと「3-Year Limited Warranty」の下に印刷されているQRコード(ぼかしています)を読み取るとこちらもシリアルナンバーでした。
生産国は、「Made in China」です。

Dahua C800A パッケージ裏面

開封して中身確認です。
SSD本体の他に、取り付け用ネジ(4本)と読まない紙が2種類入っていました。
読まない紙は、「Quick Start Guide」と「Legal and Regulatory Information」です。
写真では折りたたんでいますが、「Legal and Regulatory Information」を広げると、A3サイズ両面にいろいろな国向けの注意書きが印刷されています。
格安SSDのわりには、なかなか立派なパッケージです!

Dahua C800A パッケージ中身

SSD本体です。
筐体は、オールプラスチック製でごくフツーな感じです。
ラベルに印刷されたシリアルナンバーは、パッケージに貼られていたラベルのシリアルナンバーと同じです。
ここのQRコード(ぼかしています)もシリアルナンバーになっていました。

Dahua C800A 本体外観
スポンサーリンク

はいっ、フタを開けました!
簡単に開けれるタイプの筐体でした。

Dahua C800A SSD本体内部

基板はこんな感じです。
表裏でNANDが4個、そして・・・見たことのないコントローラーが実装されています。
なんだコレは???

Dahua C800A 本体内部基板

拡大です。
RAYMAX RM1135」と印刷されてます。
カニさんロゴでお馴染み?の「REALTEK」の文字もあります。

Dahua C800A 実装チップ拡大

調べてみると「RAYMAX」は中国のSSD用コントローラーメーカーのようで、ホームページの製品情報には、SATA用の「RM1135」の他にもPCIe用コントローラー4種類が掲載されています。

 リンク:RAYMAX プロダクトセンター

ただ「REALTEK」との関係性は、よくわかりません。
まぁ、個人的にはあまり興味がないので先に進めます!

ThinkPad X240に取り付けて確認!

はい、いつものジャンクX240(i3)に取り付けました。

Dahua C800A ThinkPad X240 取付状態

BIOSでの認識は「Dahua C800 2.5 inch SATA 256GB」です。
OSもいつも通りWindows10 21H2をインストールしました。

Dahua C800A ThinkPad X240 BIOS認識状態

いきなりですが、CrystalDiskInfoです。
先ほども記載した通り、シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、パッケージラベル、SSD本体ラベルと一致しており、Goodです!
「総不良ブロック数」が『43』になっているのが、チョット気になりますが、気にしないようにします(笑)

Dahua C800A CrystalDiskInfo 結果
クリックで拡大

では、CrystalDiskMarkです。
メーカーHPの情報によると256GB版の公称値は・・・
 Sequential Read:Up to550 MB/s
 Sequential Write:Up to460 MB/s

で、結果は・・・

スポンサーリンク

公称値には僅かに届いていませんが、まぁフツーな感じです。

Dahua C800A CrystalDiskMark 結果

CrystalDiskMark実行時の温度ログも記録しておきました。
センサーは一応動作しているようですが、感度はあまり良くない感じです。

Dahua C800A CrystalDiskMark実行時の温度ログ

最後にNANDの調査です。
RAYMAX用のUtilityソフトは見つけることができず、コントローラー表面に印刷されてた「REALTEK」の文字を頼りに調べると・・・ありました!
rtl_flash_id」です!!

そして結果は・・・
NANDは『Samsung 3dv5-92L TLC』と出ました!
『RAYMAX』や『RM1135』の文字は見当たりませんが、「FwStr(ファームウェア名?)」になぜか『REALTEK RL6643』の文字が・・・
やはり「REALTEK」との関係性が、かなり濃いようですが、興味がないのでこれ以上は調べません(笑)

Dahua C800A rtl_flash_id 実行結果
クリックで拡大

まとめ

先日記録した「Fanxiang S101」につづき、今回の「Dahua C800A」もまた初見のコントローラーを搭載したSSDでなかなか楽しかったです!

結局、RAYMAXとREALTEKの関係については、よくわかりませんでしたが(たいして調べてない!)、また機会があれば調べてみたいと思います。

「Dahua C800A」のSSDとしての性能自体はフツーな感じでしたが、シリアルナンバーがパッケージ全体で一致していることや、簡易マニュアルや法規制に関する紙類(読まないが・・・)、取付用ネジが同梱されているところは、なかなかマジメなメーカーだと感じました。

今回は以上です。
   

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓ 

 第11弾:Fanxiang S101 SSD試用記録 YEESTOR?
 第10弾:EDILOCA ES106 2.5インチSATA SSDを買った!
 第9弾 :激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた
 第8弾 :SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認
   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました