AGI AI238 256GB 久しぶりの2.5SATA SSD!

ページのアイキャッチ画像 ThinkPad X240

今回はAGIというメーカー製 2.5インチ SATA SSD 「AI238」の256GBについて記録します。

Amazon等で最近よく見かけるようになったAGI製SSDですが、私自身は今まで使用したことのないメーカーで、かつ事前の情報収集も省略?して、勢いだけでポチッてしまいました!
もちろん、理由はセールで安かったから・・・ただそれだけです。
(残念ながら現在はあまり格安とは言えない価格になっています)

ポチッてから調べたところ、AGIは台湾のメーカーで2018年設立のまだ新し目の会社のようですが、公式HPは日本語表示にも対応しており、日本向けの販売に力を入れている感じがしました。

そのHPによると、2.5SATA SSDは3種類ラインナップされており、それぞれの仕様欄の「NANDフラッシュ」の項目を見ると、今回のAI238は『3D NAND』と表記されているのに対し、他の2種は『3D TLC』と表記されています。
この違いを見ると、AI238のNANDは「QLC」と予想されますが、実際はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

AGI AI238 256GB パッケージ確認

箱の表面です。
特にコメントするようなことのない、フツーなデザインです。
容量を識別するための右下『256GB』の部分はシールになっています。

AGI AI238 256GB パッケージ外観(表)

裏面です。
コーポレートカラーと思われる緑色が基調のデザインです。
右下のバーコードが印刷された白いシールに『AGI250GIMAI238』と印字されており、これで中身を識別するようです。
他の2種類の2.5SATA SSDも含め、共通の箱を使用しているのでしょう。
また、このシールの下部にはシリアルナンバーが印字されていますが、SSD本体のシリアルと一致しているか?後で確認してみます。
AGIは台湾の会社ですが、「MADE IN CHINA」となっています。
ちなみに左下のQRコードを読み取ると、ちゃんとメーカー公式HPに飛びました。

AGI AI238 256GB パッケージ外観(裏)

開封しました!
SSD本体の他に読まない紙が入っていました。
紙の内容は割愛しますが、取扱説明書ではなく製品の保証規定が各国語で記載されています。
本体は帯電防止袋に入っています。チョット珍しい・・・かな?

AGI AI238 256GB パッケージ中身

帯電防止袋には封印はなく、端を折り曲げているだけでした。
まぁ、外箱に封印シールがあるので、問題ないでしょう。

AGI AI238 256GB 帯電防止袋開封

SSD本体外観です。
モノトーンのシンプルなデザインです。
コーポレートカラー?の緑色も多少あった方が見栄えが良いと思うのですが・・・
筐体はよくあるプラスチック製で、簡単に開けれそうです(Warranty Voidです)。
そして、ラベルの中段に印字されたシリアルナンバーが外箱のシールに印字されていたナンバーと一致しています!!
あとはSSD内部に書き込まれたナンバーが一致していれば完璧ですが、どうでしょうか?
とても気になります。

AGI AI238 256GB 本体外観
スポンサーリンク

蓋を開けました!
やはり簡単に開きました!!

AGI AI238 256GB 本体内部

基板の外観です。
コントローラーはSMI SM2259XT、NANDは1個だけ実装されています。

AGI AI238 256GB 内部基板外観

SM2259XTの拡大です。

AGI AI238 256GB コントローラー(SM2259XT)拡大

NANDの拡大です。
刻印は『PF29F02T2AMCQK1』です。
過去のデータを見ると、刻印に『29F』と『QK』が含まれているパターンはすべてIntelのQLCでした。
さて、今回はどうでしょうか?
最後に確認します。

AGI AI238 256GB NANDチップ拡大
スポンサーリンク

AGI AI238 256GB 動作確認

動作確認は、いつものThinkPad X240(Core i3)を使用します。
もうほとんど使用している人はいない?と思われる古い機種ですが、今までの流れで使用を継続します。
取付完了しました!

AGI AI238 256GB ThinkPad X240 取付状態

WindowsはWin10 Pro(22H2)をインストールしました。
非力なマシンなので、Win11はなんとなく重たいような気がします。

Windows10 仕様

インストール完了後、早速CrystalDiskInfoで確認です。
AGI250GIMAI23』と認識されてます。
外箱のシールに印字されていた型番と同じですね。
そして、シリアルナンバーを確認すると・・・
なんと外箱のシール、SSD本体のラベル、SSD内部データの3点が一致しています!
これは、素晴らしい!?
台湾メーカー、侮れません!
ただ、温度は40℃から動かないので、温度センサーは動作していないかもしれません。

AGI AI238 256GB CrystalDiskInfo 実行結果

それでは、CrystalDiskMarkで転送速度の確認です。
AI238 256GBの公称値は・・・わかりません。
メーカー公式HPにはAI238の代表値?として最大読込:550MB/s、最大書込:510 MB/sと記載されていますが、容量別の記載はありません。
また、Amazonをはじめとするネット上の販売ページを見ても、なんだかバラバラでどれも信用できません。
ということで、とにかく実行してみました!

結果は・・・

スポンサーリンク

格安SSDにしては、まずまずな数値ではないでしょうか?
特にシーケンシャルの数値は格安SSDの平均的な数値を少し上回っているような気がします(だいたいです)。
結果的に(たまたまだと思いますが)、メーカー公式HPの公称値にとても近い数値となりました。
ちなみに温度はやはり40℃固定でしたので、いつものグラフは割愛します。残念!

AGI AI238 256GB CrystalDiskMark 実行結果

最後にsmi_flash_id_ataでNANDの確認です。
やはり「Intel 144L QLC」と出ました!
予想的中?です。

AGI AI238 256GB smi_flash_id_ata 実行結果
クリックで拡大

まとめ

いつも通り?事前の情報収集なしで購入したAGI AI238 256GBですが、QLC NANDを気にしないのであれば、悪くない選択かもしれません(個人の見解です)。

CrystalDiskMarkの結果はわりとフツーな感じですが、格安SSDとしてはおおよそ平均を上回る数値が出ていましたし、何よりも3つのシリアルナンバーが一致していたことは、真面目にモノづくりする気のあるメーカーだと感じました。

ちなみにTLC NANDを搭載している「AI178」の512GB版がAmazonで販売されているのを確認しましたが、AI238より少し割高な価格設定になっており、敢えて選択するほどの価値があるか?は不明です(使用したことがないのでわかりません)。
もし、セール等で格安になっていたら購入してみるかもしれませんが、積極的に価格モニタリングするほど購買意欲の湧くSSDでもないので、たぶん実現しないでしょう(笑)

今回は以上です。

   

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓
 第25弾:AGI AI238 256GB 久しぶりの2.5SATA SSD!
 第24弾:金属の質感?Netac N530S 2.5 SATA 256GB
 第23弾:MONSTER STORAGE MS950 2.5SATA 試用記録
 第22弾:SUNEAST SE800 Lite 256GB~中身はHIK○○?
 第21弾:今さらですが…SUNEAST SE800 256GBを買いました!
 第20弾:HIKSEMI E100 256GBが格安だったので購入!
 第19弾:ドラゴン柄のH650 Somnambulist 256GBを試す
 第18弾:Hanye Q60が発売されていたので256GB版を試してみた!
 第17弾:XrayDisk 2.5SATA SSD 256GBはどうだ?
 第16弾:TECLAST A810 WIN-INシリーズ 256GBだ!
 第15弾:WALRAM 2.5 SSD 256GB サッカーW杯応援?Ver.
 第14弾:Bliksem H650 256GB サッカーW杯便乗?Ver.
 第13弾:SUNEAST SE900 SATA SSD 1TBを追加購入!
 番 外 :2TBが3,900円!超怪しいSSDはやっぱり容量偽装品だった…
 第12弾:Dahua C800Aを分解したら…RAYMX?REALTEK?
 第11弾:Fanxiang S101 SSD試用記録 YEESTOR?
 第10弾:EDILOCA ES106 2.5インチSATA SSDを買った!
 第9弾 :激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた
 第8弾 :SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ : ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました