Crucial P3 1TBをAliExpressで購入!本物?

ページのアイキャッチ画像 その他のLenovo ThinkPad

今回はAliExpressで購入したCrucial P3 1TB(海外パッケージ)について記録します。

購入したのは2024年3月頃で、セール価格に加えてクーポン+コインなどを使うと、なんと5,000円台半ばの価格でした!
SSD価格高騰で国内パッケージ品は1万円超えも珍しくない中、この価格を見た時は「これ本物か?」と疑念が頭をよぎりましたが、販売ページのレビューを見ていると、どうも本物っぽい感じ・・・

まぁ、偽物だとしても「それはそれで楽しめるかも?」と自分を納得させ、勇気を出してポチッてみました!

スポンサーリンク

Crucial P3 1TB(海外パッケージ)開封確認

送られてきたパッケージはこんな感じです。
もちろん中国からの発送なので、包装のダメージは覚悟の上ですが、袋の中に直接SSDの箱が入っているのではなく、さらにグレーの袋+中国スタンダードの黄色いテープで梱包されていました!

Crucial P3 1TB 一次梱包開封

そして、グレーの袋を開けると、さらに段ボール製の小箱が出てきました!
安定の?中国ボコボコ配送品質への配慮なのでしょうが、かなり厳重です。
あと、画像では見えませんが、右側のQRコードが印刷された白いシールは小箱の封印シールにもなっています。

Crucial P3 1TB 二次梱包開封

封印シールを切って箱を開けると、ようやく見慣れたCrucialのパッケージが出てきました。
ほんの気持ちですが、箱の中で動かないようプチプチでパッケージをくるんでいました。
さすが一流メーカー品は梱包の仕方も一流?です。

Crucial P3 1TB 三次梱包開封

パッケージ表面です。
特に違和感はなく、本物っぽい?です。

Crucial P3 1TB 外箱外観(表面)

裏面です。
こちらも違和感はありません。
ちゃんと封印シールも貼られています。

Crucial P3 1TB 外箱外観(裏面)

2023年初旬に購入したP3 1TB(国内正規品)の箱と並べてみました。
国内正規品は表面がツルツルで今回購入品はザラザラになっていますが、この違いは以前記録したP3 Plus(国内正規品)と同様、製造時期の違いによるものと思われます。
画像にはありませんが、表面がザラザラだったP3 Plus(国内正規品)と比べてみると質感は同じでした。

国内正規品と外箱外観比較(表面)

一応、裏面も。

国内正規品と外箱外観比較(裏面)

底面の封印シールにもなっているバーコード部分の比較です。
国内正規品は「CT1000P3SSD8」の後ろに「JP」が付いています。
P3 Plus(国内正規品)は原産国が「Malaysia」になっていましたが、P3はどちらも「Mexico」でした。
ボカシている箇所はシリアルナンバーです。
Crucial SSDのシリアルナンバーは、外箱ラベルとSSD本体ラベル、SSD内部データの3点が一致しているはずなので、確認していきます。

国内正規品と外箱外観比較(バーコード部)

この記事のP3 1TBは3月頃にAliExpressで購入したものですが、5月に購入したP3 1TBは「Origin Malaysia」でした(中身はまだ確認していません)。

スポンサーリンク

開封して中身を取り出しました!
読まない紙とネジが1本。国内正規品と同じ構成です。

Crucial P3 1TB パッケージ中身

SSD本体の外観です。
まったく違和感はありません。
シリアルナンバーは外箱ラベルと一致していました!

Crucial P3 1TB SSD本体外観

ラベルを剥がしました!
Phisonの「PS5021-E21」とNANDが2個実装されています。

Crucial P3 1TB ラベルを剥がしたところ

国内正規品の画像と並べてみました。
写真の色合いが違いますが、実際はほとんど同じに見えます。

Crucial P3 1TB 国内正規品と基板外観比較

NANDの刻印です。
あれっ?「NY160」??
P3って「NY161(Micron製 176層 QLC)」のはずだが・・・

Crucial P3 1TB NANDチップ拡大

NANDの拡大画像です。
国内正規品は確かに「NY161」でしたが・・・『160』ってどういうこと?
ググってもヒットしません・・・なんだこれは?
さらにもう一つ気になるのは、左上に刻印された4桁の文字列(ロット番号?)がそれぞれ『TBQB』と『TJ6G』と2枚でまったく異なっています。
1文字ぐらいなら、「ちょうどNANDロットの切り替わり時に製造されたものかな??」と納得できますが・・・考えすぎでしょうか?
ちなみに国内正規品は2枚とも同じ文字列でした(2枚とも『7442』)。
チョット違和感を感じますが、先に進みます。

Crucial P3 1TB 国内正規品とNANDチップ外観比較
スポンサーリンク

Crucial P3 1TB(海外パッケージ)取り付けマシン

今回の動作確認には、またまた初登場のThinkPad X1 Carbon 8thを使用します。
テスト用マシンとしての起用ではなく、今回のP3 1TBはこのマシン用として購入したので、いきなり本番です。
まずは、いつも通り簡単にマシン紹介です。

主なスペックは・・・

Machine Type Model:20UAS7EB0U
 ・Core i7-10610U
 ・16GBメモリ
 ・FHD(1920×1080)タッチパネル仕様
 ・IRカメラ(顔認証用)
 ・LTE(Fibocom L850-GL)

ThinkPad X1 Carbon 8th 外観
ThinkPad X1 Carbon 8th 天板エンブレム

超簡単ですが、以上です。

Crucial P3 1TB(海外パッケージ)動作確認

まずは、装着前に外付けエンクロージャーに入れてCrystalDiskInfoです。
ファームウェアやS.M.A.R.Tの項目等、国内正規品と同じ表示です。
そして、シリアルナンバーは・・・3点一致です!
余談ですが、新品SSDをこのタイミングで確認することって、ほとんどないので認識していませんでしたが、出荷時は読み書き量、電源投入回数、使用時間はすべて『0』なんですね。

Crucial P3 1TB CrystalDiskInfo 実行結果(初期状態)

エンクロージャーから取り外して、X1 Carbon 8thに取り付けました!
ラベルは剥がしたままです。

Crucial P3 1TB ThinkPad X1 Carbon 8th 取付状態

Windows11(23H2)をインストールしたら、もう一度CrystalDiskInfoで確認します。
転送モード:PCIe 3.0 x4になっています。

Crucial P3 1TB CrystalDiskInfo 実行結果

次にCrystalDiskMarkを実行して、国内正規品と比較してみます。
結果は・・・

スポンサーリンク

微妙に違う気もしますが、マシンも違うため、誤差範囲と考えましょう!?

Crucial P3 1TB CrystalDiskMark 実行結果(国内正規品と比較)

念のため、Crucial純正のソフトウェア「Crucial Storage Executive」をインストールして、Crucial製ドライブとして正しく認識されるか?確認してみましたが、フツーに認識されました。
画像にはありませんが、「Momentum Cache」と「オーバープロビジョニング」も有効にできました。

Crucial P3 1TB Crucial Storage Executive ドライブの詳細画面

最後に「phison_nvme_flash_id2」を実行して、「NY160」と刻印された怪しい?NANDを確認します。
結果は・・・「Micron 176L(N48R) QLC」と出ました!
「NY161」を実装した国内正規品と同じ結果です。
やはり本物の「Crucial P3 1TB」で間違いないでしょう!(個人の見解です)
疑ってごめんなさい m(__)m

Crucial P3 1TB phison_nvme_flash_id2 実行結果
クリックで拡大

まとめ

中国AliExpressで一流メーカーの有名SSDが国内相場よりも、かなり格安で販売されていたので、怪しさを感じながら購入してみました。

中途半端な検証でしたが、個人的な結論としては「本物」で間違いないと思っています(願望含む

ただ、NAND(NY160)については通常実装されているはずのもの(NY161)とは異なっており、これが何者なのか?はわかりません。
どなたかご存知の方がいれば、ぜひ教えてください!

ちなみに、AliExpressでは5月と6月のセールでも同じような価格で販売されていましたので、興味のある方はモニタリングしてみてください。
ただ、AliExpressでは多くのショップでP3が販売されており、ショップによっては私と違う結果になる可能性もあり得ますので、くれぐれも購入は自己責任で!

今回は以上です。

2024/06/25追記>
閲覧者さまからのコメントによると、同じくAliExpressで5月に購入したP3は
NANDがTLCだったとのことです。
私も(調子に乗って)5月に購入したP3が手持ちにあるので(まだ開封していない)、確認してみます。もしTLCだったら・・・記事にして報告します!

   

↓ 格安NVMe SSD 試用記録 ↓
DRAMキャッシュ付き!AGI 512GB NVMe SSD
Pro版も確認! XrayDisk 512GB Pro(2024年版)
Crucial P3 TLC NAND仕様をGet?~アリエク購入品~
XrayDisk NVMe 512GB 2024年購入品を再確認
Crucial P3 1TBをAliExpressで購入!本物?
ノンブランドSSDガチャ!第2弾 SSCT SCCTP-800 256GB
TWSC TP256A NVMe SSD ~楽天ノンブランド品~
アルミ製ヒートシンク付き!PUSKILL NVMe 256GB
KINGMAX PCIe NVMe 256GB バルク品を買ってみた
SomnAmbulist NVMe SSD ラベルに惹かれて購入!
Crucial P3 PlusはQLCだと思っていたら…まさかの…
XrayDisk NVMe SSD 512GB Proを試す!
AcclamatorのエントリーNVMe SSD N20を買ってみた
グドガ? GUDGA GV256 (NVMe SSD) 試用記録
Hanye のNVMe SSD ~ E30 512GBを試してみた!
KingSpec NVMe NEシリーズ 512GB 試用記録
一流メーカーの格安SSD?Crucial P3 1TBを買いました!
KingBank NVMe SSD おまけのヒートシンクがGood!
Acclamator N30 NVMe SSD 256GB 試用記録
XrayDisk 256GB NVMe SSDを試してみた!
WALRAM NVMe 256GB 2枚買ったら違う基板だった!
REALTEK RTS5765DL? KLEVV C710を試してみた
KingSpec NX-256(NVMe) ヒートシンクの効果は?
WALRAM 512GB NVMe SSDが激安だったので買ってみた
激安NVMe SSD EDILOCA EN605 256GB試用記録
Patriot P310 480GB NVMe SSDを購入!
SUNEAST SE900 NVG3-512GB/256GB
Moment MT34 256GB NVMe 格安SSD 試用記録
格安?JUHOR J800 256GB NVMe SSD試用記録
格安!PASOUL(パソウル)NVMe SSD を試してみたら・・・

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ : ちょうべいの SSD 記録(まとめ)


コメント

  1. いつも拝見しています より:

    こんにちは、はじめまして。
    私は今年5月4日に同じようにアリエクでCrucial P3 1TB購入しました。
    お値段は¥6,600、てっきりQLCだと思っていたんですがTLCでした。
    NANDは1個のみで4ACD NY285でしたコントローラーは同じくPS5021-E21です。
    phison_nvme_flash_id2で確認したところ
    Micron 232L(B58R) TLC 2048Gb/CE 1024Gb/dieと表示されました。
    ご参考までに。

    • ちょうべい ちょうべい より:

      いつも拝見しています さま、こんにちは。
      情報ありがとうございます!
      5月購入分はTLCでしたか!?
      私も5月に購入したP3が手持ちにあるので(まだ開梱していない)、早速そちらを確認してみます。
      3月購入分は原産国がMexicoでしたが、5月はMalaysiaになっていましたので、何か変わっているかもしれませんね!

      • ちょうべい ちょうべい より:

        早速開封してみました。
        まだラベルは剥がしていませんが、横から覗くと、いつも拝見していますさまのものと同様、コントローラー+NAND 1個の構成でした!
        ちょうど以前記事にしたTLC版P3 PLUSと同じレイアウトっぽいですね。
        近日中に記事にして報告します!

タイトルとURLをコピーしました