ThinkPad T460s SSD換装 Intel 670p 1TB

ThinkPad T460s

今回はThinkPad T460sのSSDをIntel SSD 670pに換装したので記録します。

スポンサーリンク

先ずは製品確認

Intel 670pは、今年(2021年)に発売されたNVMe(PCIe 3.0×4)SSDです。
インテルHPによると機能概要は下表の通りです。

モデルインテル® SSD 670p
容量と
フォームファクター
80mm (シングルサイド) 2280-S3-M 512GB、1TB、2TB
インターフェイスPCIe 3.0×4、NVMe
メディア144 層、インテル® 3D NAND テクノロジー
パフォーマンスシーケンシャル・リード: 最大 3,500MB/s、シーケンシャル・ライト: 最大 2,700MB/s
ランダム 4KB リード: 最大 310,000 IOPS、ランダム 4KB ライト: 最大 340,000 IOPS
耐久性512GB: 185TBW
1TB: 370TBW
2TB: 740TBW
TBW=Terabytes written
インテル HPより抜粋

私が購入したのは容量1TBで、製品コードが「SSDPEKNU010TZX1」です。
上表のパフォーマンスは2TBの仕様で、1TBの場合はシーケンシャルリードが最大3,500MB/s、シーケンシャルライトが最大2,500MB/sとなっています。

 Intel® SSD 670p Series (1.0TB, M.2 80mm PCIe 3.0 x4, 3D4, QLC)

パッケージを開けました。
写真にはありませんが、多国語対応のマニュアルも同梱されています。

片面実装ですが、表面にシールが貼ってあり、コントローラー、NANDともに見えません。
シールを剥がして確認したいところですが、動作確認もしていない段階で剥がす勇気はありません・・・、小心者です。

クリックで拡大

Intel HPの写真を見ると、コントローラー、NANDの他にDRAMらしきものが搭載されています。
海外の紹介記事によると「256MB DDR3L-1866」とありましたが、本当かどうか?わかりません。

Intel HPより

SSD換装

それでは、換装作業です。

先ずは、BIOSバージョンを確認しておきます。
現在、1.11(2016年4月)です。購入以来、更新していません。
最新は、1.51(2021年5月)なので、いい加減更新を考えます。

次にお決まりの内蔵バッテリー無効化です。
BIOS画面に入って、「Config」➡「Power」➡「Disable Built-in Battery」➡ 「Enter」 ➡ 「Yes」

カバーを外して、既存のSSDを取り外します。

ネジを外すと、浮き上がってきました。

取り外したところです。

Samsung製 CM871a 128GB MZ-NTY128HDHP(SATA)でした。

クリックで拡大

Intel 670pを取り付けます。
特に難しいところはありません。

カバーを戻して、起動!
BIOS画面で、Intel 670p(SSDPEKNU010TZ)を認識していることを確認しました!

スポンサーリンク

Windows10 リカバリー

Windows10のインストールは、クリーンインストールではなく、事前に作成しておいたLenovo純正のリカバリーUSBキーでリカバリーします。
※リカバリーUSBキーの作成方法は、X270のページで記録しています。

 ThinkPad X270 リカバリーUSBキー 作成方法

USBキーから起動させ、特に問題なく、順調に進みました。
プロセスが完了すると、USBキーを取り外すようメッセージが出ますので、取り外して再起動します。

クリックで拡大

そして今度は、Intel 670pから起動!するはずが・・・、起動しません・・・

慌てていて画面を撮り忘れてしまいましたが、NVMe SSDを飛ばして、PCI LANからの起動を2~3回リトライした後、下の画面で止まります。

ここで、「NVMe0:」を選択しても、また同じことの繰り返しで、進みません。

仕方ないので強制的に電源OFFして、再度BIOSの「Startup」画面を確認しますが、SSDの認識状態、優先順序も問題ありません。

素人考えですが、SSDの接続がSATAからNVMe(PCIe)に変わったことが関係していると思います。
BIOSのバージョンが古いことも影響しているかもしれないので、BIOS更新も考えましたが、先ずは「Load Setup Defaults」です!

経験的な話ですが、ハードウェアを変更して、うまく動作しない場合、これが結構効きます!

BIOS画面の「Restart」➡「Load Setup Defaults(F9)」➡ Enter ➡ 「Yes」の後、「Exit Saving Changes(F10)」➡ Enter ➡ 「Yes」で再起動します。

すると、今度はSSDから起動しました!

続いて、Windows10のセットアップです。

セットアップの途中で、Lenovo IDプロファイルを追加するステップがありますが、それ以外はクリーンインストールの際と同じ流れで進みます。

無事、インストール完了しました!

Windows10 Proのバージョンは、「1703」でした(古い!)。
この世代の機種なので当たり前ですが・・・

そして、Lenovo純正のハードウェア制御ソフトも「Lenovo Vantage」ではなく、旧版の「Lenovo Settings」が導入されており、即削除しました。

この後、Windows UpdateやLenovo Vantageの導入、ドライバー更新など、一通り完了させるのに3~4時間費やしました・・・
最終的にWindows10は、20H2まで更新。
これなら素直にWindows10をクリーンインストールした方が良かったかもしれません。

スポンサーリンク

Intel SSD 670p 性能確認

それでは、お楽しみのベンチマークです。

先ず、CrystalDiskInfoで状態を確認しました。
PCIe 3.0×4で動作しています。
温度については、しばらくモニタリングしておこうと思います。

クリックで拡大

そして、CrystalDiskMarkの結果です。

仕様は、シーケンシャルリードが最大3,500MB/s、シーケンシャルライトが最大2,500MB/sです。
リードがカタログ値より低めに出ていますが、全体的には満足です!!

参考データとして、換装前のSamsung製SATA SSDの結果も記録しておきます。
まぁ、がんばっていた方ではないでしょうか?

ついでに「smi_nvme_flash_id」でコントローラーとNANDを確認しておきました。
・コントローラー:SM2265AA
・NAND:Intel 128L (N38A) QLC
と出ました。

「failed」と出てる箇所が気になりますが・・・

Intel Memory and Storage Tool(GUI)

最後にIntel製のSSD管理ツール 「Intel Memory and Storage Tool」をインストールしたので、記録しておきます。
「Intel SSD Toolbox」の後継ソフトです。

クリックで拡大

「パフォーマンスブースター」を試してみました。

画面の説明によると「パフォーマンスブースターは、SSDの内部キャッシュをクリアしてパフォーマンスを向上させます。」とのこと。

実行から完了まで3分程度かかりました。

完了後、「選択された Intel SSD はデスクトップ システムにインストールされています。アクション(」と、意味不明のメッセージが表示されました。
全体的に日本語訳の詰めが甘いです。

クリックで拡大

そして効果は・・・、よくわかりませんでした。

Samsung製SSD用ソフトウェア「Magician」のような強力な最適化ツールではないようです。
天下のIntel様、もう少し、がんばって欲しいです!

以上、Intel SSD 670p への換装記録でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました