人気ブログランキング 参加中!

Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

格安SSD使用(試用)記録の第4弾は「Hanye W400 128GB」です!

「Hanye」はハニエ?と読むのでしょうか???
まったく知らないメーカーでしたが、ネットショップで最近よく見かけるので、購入してみました。
中国 深センの会社のようです。

そして今回もいつものように、筐体分解(内部確認)とジャンクX240(Core i3)に装着してCrystalDiskMarkを実行してみました。

 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認

 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!

 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた

スポンサーリンク

パッケージ開封確認

パッケージ外観です。

正式な形式は、「W400-128GMP01」のようです。
中国の会社ですが、Made in Taiwanになっています。

パッケージ外観

パッケージには「最大転送速度:520MB/s」とだけ記載されていますが、購入サイトの製品紹介では以下のように記載されています。
 ・シーケンシャル読み取り最大:520MB/秒
 ・シーケンシャル書き込み最大:440MB/秒

左右とも、シールで封印されています。

パッケージ封印

開封して中身を取り出しました。
SSD本体以外に日本語の取扱説明書が同梱されています。

パッケージ中身

本体裏側です。
筐体はオールアルミ製7mm厚で、質感はGood!ですね!
当然ながら、ケースを開けるとWarranty voidですが、封印シールはありません・・・
ということで、今回は装着前に分解して中身を確認してみます!

筐体裏側

分解!!

アルミ製筐体の蓋にネジはなく、はめ込んでいるだけです。
よって、ピックなどをスキマに差し込めば、わりと簡単に開きます。

筐体表側

開きました!
基板はネジ3本で固定されているので外します。

筐体フタ取り外し

コントローラーは「SM2258XT」でした。
格安SSDでは、定番でしょうか?

基板外観

そしてNANDは・・・、「SanDisk」と印刷されています。
型番は「9212DVCAE0EF」。
本当でしょうか???
本当だったら、うれしいのですが、印刷がなんとなく不鮮明なような気がします・・・
こんなもんなのかな?

コントローラー・NAND拡大

NANDについては、装着後に「smi_flash_id_ata」で再確認してみることにして、とりあえず蓋を閉じてX240に取り付けます。

スポンサーリンク

X240に取り付けて確認!

早速ですが、取り付け完了です。
取付作業自体には、まったく問題ありませんでした。

X240装着状態

カバー取り付け後、念のためBIOSで認識状態を確認。
正しく認識されています。

Boot画面

そして、いつもの通り、Windows10(21H1)をインストールして、デバイスマネージャーで確認。
もちろん、問題ありません。

デバイスマネージャー

つづいて、CrystalDiskInfoで確認。
シリアルナンバーは、筐体に貼られたシールの番号と一致しています(画像ではシリアルナンバーを隠しています)。

絶対値として正確なのか?怪しいですが、温度が高いのが気になります・・・
固定値ではないようです。

CrystalDiskInfo画面①

それでは、CrystalDiskMarkで性能確認です。
冒頭で記載したとおり、メーカー仕様は、Read:520MB/s、Write:440MB/sです。
結果は・・・

CrystalDiskMark結果

ほぼ、メーカー仕様とおりでした!
決して高速ではありませんが、仕様とおりの数値が出て、なんだか安心しました!?

ちなみに、CrystalDiskMark直後にCrystalDiskInfoで温度を確認すると55℃になっていました・・・
大丈夫かな?

CrystalDiskInfo画面②

NANDの再確認

さて、分解確認で「SanDisk」と印刷されていたNANDについて、「smi_flash_id_ata」で再確認しました。

結果は、「SanDisk 15nm MLC 16k・・・」。
「SanDisk」と出て、現物と一致していたので、一瞬よろこびましたが、「MLC」はないだろう???

smi_flash_id_ata結果

ネットで検索していると、Lenovoの「ThinkPlus TU200Pro」というUSBフラッシュメモリーに同じ「9212DVCAE0EF」を使っているとの記事を発見した。

 リンク:联想TU200Pro 简单评测+拆解

上のリンクのページ最下部に実物の写真が掲載されており、見た目は同じもののようだ。
ただ「smi_flash_id_ata」の結果が異なっており、あちらは「Sandisk 96L BiCSTLC 16k・・・」となっている。

本物のLenovo製かどうかはわからないが、あちらの方が正しいような気がする・・・

まぁ、この辺は(いつもの通り)これ以上の追及はやめておきます。

おまけ(熱対策)

CrystalDiskInfoで温度が高めに表示されているのが気になったので、もう一度分解してコントローラーとNANDに熱伝導シートを貼り付けて、アルミ筐体に熱を逃がすようにしました。

手持ちの1.5mm厚のシートを貼り付けましたが、2mm厚の方がよいかもしれません。

熱伝導シート貼り付け

結果、効果があったのか?よくわかりませんが、CrystalDiskMark直後の温度は、55℃→49℃に低下しました。
そもそも温度の絶対値が正確かどうか?疑問ですが・・・

まぁ、気休め、自己満足です!

今回は以上です。

↓ NVMeの格安SSDをX1 Carbonで試してみました! ↓
格安!PASOUL(パソウル)NVMe SSD を試してみたら・・・
   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)
タイトルとURLをコピーしました