SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

今回は、SUNEASTの2.5インチ SATA SSD SE900 256GBの試用記録です。

この「SE900」は、わりと新し目のSSDのようですが、Amazonでかなり安く販売されていたので、購入してみました。

このSSDには当サイト初登場のMaxio製コントローラー MAS1102が搭載されているので、どんな結果が出るか?楽しみです。

スポンサーリンク

SUNEAST SE900 開封!

パッケージ表面です。
表示はすべて日本語です。
下段の「256GB ~」の部分はシールで、容量毎にシールで識別しているようです。

SUNEAST SE900 パッケージ表面

裏面です。
こちらも全て日本語で、完全に日本国内向けです。
左側は「保証書」も兼ねているようです。
製品仕様欄には、「Maxio Technology」のコントローラーが使用されている旨、記載されています。
筐体材質は「プラスチック」らしく、決してうれしくはありませんが、明確に宣言しているところに好感が持てます。
原産国は、「Made in China」です。

SUNEAST SE900 パッケージ裏面

蓋には両側とも封印シールが貼ってありました。

SUNEAST SE900 パッケージ封印シール

中身です。
本体のみで紙類は何も入っていません。
保証書を含め、最低限の記載はパッケージにあるので、特に問題ないでしょう。

SUNEAST SE900 パッケージ 中身

SSD本体です。
オールプラスチックですが、質感は悪くないと思います(個人的見解です)。
裏面のシールにシリアルナンバーが印刷されています。

SUNEAST SE900 本体裏表

本体の封印シールです。
これを剥がすとWarranty Voidですが、ぜひ「Maxio Technology」のコントローラーを拝見したいので、剥がして分解してみます。

SUNEAST SE900 本体 Warranty Void 封印シール
スポンサーリンク

Maxio製 コントローラーとご対面

いきなりですが、蓋を開けて分解しました!
と言うか、ほとんど破壊殻割り状態になってしまいました・・・
折れたツメ類が散乱しているのが、わかるでしょうか?(赤矢印
蓋を固定するツメの構造が一般的?なSSDと異なっており、ツメを折らずに無傷で分解することは、ほぼ不可能になっています。
よって、このSSDの分解はおススメできません(そもそも分解する人はいないと思いますが・・・)。

SUNEAST SE900 本体中身

基板には、コントローラーとNANDが4個実装されています。

SUNEAST SE900 基板裏表

で、お目当てのMaxio製コントローラーには「MAS1102B-B1C」と刻印されています。
DRAMキャシュレスタイプのようで、どんな性能なのか?とても気になります。
NANDには「VSSDT064BA104」と刻印されていますが、ググってもヒットしません・・・
まぁ、いつものことなので、ここはスルーして、次に進みます。

SUNEAST SE900 コントローラー拡大

動作確認

今回も、いつものジャンクThinkPad X240(i3)に装着して動作確認します。

X240 SUNEAST SE900 取付状態

BIOSでの認識状態です。
SUNEAST SE900 SSD 256GB」とメーカー/形式/容量がしっかりと表示されています。

SUNEAST SE900 BIOS認識状態

Windows 10(21H2)インストール後のデバイスマネージャーです。
まったく問題ありません。

SUNEAST SE900 デバイスマネージャー認識状態

CrystalDiskInfoです。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、筐体のシールに印刷されていた番号と一致しており、Goodです。
温度センサーは機能しているようですが、絶対値が正確かどうか?わかりません・・・

SUNEAST SE900 CrystalDiskInfo 結果

認識状態を一通り確認したところで、早速CrystalDiskMarkを実行してみました。
パッケージに記載されたメーカー公称値は、以下の通りです。
 最大読込転送速度:550MB/S
 最大書込転送速度:450MB/S

結果は・・・

スポンサーリンク

初めて試したMaxio製コントローラー搭載SSDですが、この数字だけ見ると、まぁまぁの数字ですね!
もちろん、これだけでは巨大ファイル転送時の速度変化等がわかりませんが、いつもここまでしかテストしていないので、今回もここまで!

SUNEAST SE900 CrystalDiskMark 結果

CrystalDiskMark実行時の温度ログです。
最高37℃と、かなり低めの温度になっていますが、振れ幅が3~4℃しかなく、感度も怪しいので、信用していいのか?わかりません。

SUNEAST SE900 CrystalDiskMark実行時温度
クリックで拡大

最後に「jm_id」というMaxio製コントローラー用のソフトでNANDを調べてみました。
やはり、コントローラーは「MAS1102」。
NANDは・・・「Sandisk 112L BiCS5 TLC ~」と出ました!
ホントかな~???

SUNEAST SE900 jm_id 実行結果
クリックで拡大

まとめ

今回初めてMaxio製コントローラー搭載SSDを試してみましたが、想像していたより悪くありませんでした(個人的見解です)。

ただ、1回のCrystalDiskMark結果だけで判断することはできないので、もっと色々とテストしてみたいところですが、それはどこかの誰かにお任せします・・・

いずれにせよ、このクラスのSSDの性能に過度な期待はしない方が良いでしょう。

それでも発売元が国内企業でパッケージも完全日本語されており、さらに5年保証というところは、安心感があって良いかもしれません。

いつもながら、まとめが中途半端ですが、今回は以上です。
   

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓ 

 第9弾 :激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認
   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)
タイトルとURLをコピーしました