Bliksem H650 256GB サッカーW杯便乗?Ver.

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

今回は「Bliksem」というメーカー?の2.5SATA SSD 「H650」の256GB版を試してみました。

この「H650」は、Amazonでも普通に販売されているSSDですが、今回購入したものは表面にサッカーボールが印刷された、サッカー ワールドカップ便乗バージョンです(私が勝手に付けた呼称です)。

もちろん、ワールドカップ非公式商品のため(と思われる)、「FIFA」や「World Cup」等の表示は一切ありません。

ちなみに、購入先は AliExpressで、私が購入した時の256GB版の価格は1,508円でした。↓↓↓

↓ こちらは普通のバージョンです ↓

スポンサーリンク

Bliksem H650(サッカーVer.)パッケージ確認

AliExpressで購入したため、発送元は中国ですが、日本国内到着後(通関後)はヤマト運輸がリレーして配達してくれました。
梱包はこんな感じで、白いビニール袋の中にエアーキャップ仕様の黒い袋が入っていました。

Bliksem H650 256GB 梱包状態

そして黒い袋を開けると・・・いきなり、SSD本体登場です!
いわゆるバルク品だったようで、同梱物は一切ありません。
まぁ、激安だったので文句は言いません。

Bliksem H650 256GB 開封

SSD本体表面です。
一時的なシーズン商品なので、「表面の絵柄はどうせシールだろう」と思っていましたが、なんと立派な印刷でした!
SSD本体は、よくある黒のプラスチック製ですが、なかなか良い質感で印刷されています。
触ってみると、絵柄の色によって凹凸があるので、おそらく重ね刷りしていると思われ、激安のわりには、外観にコストを掛けています!
中身がともなってくれると良いのですが・・・(笑)

Bliksem H650 256GB SSD本体 表側

裏面です。
こちらは、ごくフツーにラベルが貼られているだけです。
H650」がベースとなるSSDであることがわかります。
「Made in China」です。

Bliksem H650 256GB SSD本体 裏側

早速、分解しました。
蓋を開けやすいタイプのプラスチック製筐体です。

Bliksem H650 256GB SSD本体 内部

基板の両面です。
コントローラーは「YEESTOR」の「YS9082HC」でした。
「Fanxiang S101」に続いて2回目の登場です。
基板レイアウトは、ほぼ「Fanxiang S101」と同じなので、このデザインがリファレンスなのでしょう。
NANDには「22110655」と「1250649T24」の2行が大きく印刷されていますが、右下に小さく印刷された「HX4SFS」の文字も気になります。
いずれにせよ、これでは何もわかりそうにないので、ここでは深追いせず、後で調べます。

Bliksem H650 256GB 内部基板

一応、チップの拡大写真も記録しておきます。

Bliksem H650 256GB 実装チップ拡大
スポンサーリンク

Bliksem H650(サッカーVer.)動作確認

では、いつも通り、ジャンクThinkPad X240(i3)に装着して動作確認です。

Bliksem H650 256GB ThinkPad X240 取付状態

BIOSでの認識は「SSD」です!
シンプルと言うより、やる気あるのか?と突っ込みたくなる名称です。

Bliksem H650 256GB ThinkPad X240 BIOS認識状態

そして、いつも通り、無難にWindows10(21H2)をインストールして・・・
と思ったら、変なところでつまづきました・・・
「次へ」ボタンがグレーアウトしていてクリックできません。

ドライブ 0 パーティション 1 にWindowsをインストールすることはできません

Windows10 セットアップ インストール場所 選択画面

「詳しい情報の表示」をクリックすると・・・
すでにMBRで初期化されてしまっているようです。
今まで多くの新品SSDを試してきましたが、これは初めてのパターンです。

Windows10 セットアップ 詳しい情報の表示 画面

慌てず「Shift」+「F10」を押して、WinPEの窓を立ち上げます。
Diskpartを起動して、ドライブをGPTに変換しました。

WinPE MBR→GPT 変換
クリックで拡大

「exit」でWindowsセットアップ画面に戻り、「最新の情報に更新」をクリックすると、「次へ」ボタンが復活し、インストールが続行できるようになりました!

Windows10 セットアップ インストール場所 選択画面(再)

あとは、いつも通りインストールを完了させて、早速、CrystalDiskInfoです。
MBRで初期化されていたので、「もしかして中古?」と疑いましたが、数値を見る限りは新品のようです。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、SSD本体ラベルのものとは、まったく異なります。
また、温度は40℃から動かないので、固定値かもしれません。

Bliksem H650 256GB CrystalDiskInfo 実行結果
クリックで拡大

つづいて、CrystalDiskMarkです。
転送速度のメーカー公称値はハッキリわかりませんが、ある販売サイトの説明によると、以下のように記載されていました(これが正しいか?はわかりませんが・・・)。

 READ  :500 MB/s
 WRITE :420 MB/s

そして結果は・・・

スポンサーリンク

傾向的には、同じ「YS9082HC」を搭載した「Fanxiang S101」に似ているような気がしますが・・・
激安SSDの中でも、下位レベルの結果ですね。
性能よりサッカーの絵柄で勝負しているのかもしれません(笑)

Bliksem H650 256GB CrystalDiskMark 実行結果

CrystalDiskMark実行時の温度ログについては、やはり40℃固定値のようで、一直線のグラフになっていたので割愛します。

最後に「sg_flash_id」を実行してみました。
「Fanxiang S101」の時と同様、Controllerは「ー」となっています。
気になるNANDは・・・
Sandisk 96L BiCS4 TLC」と出ました!

Bliksem H650 256GB sg_flash_id 実行結果
クリックで拡大

まとめ

AliExpressのセールで256GB版が約1,500円とかなり激安価格でだったので、また容量偽装品か?と少し心配しましたが、一応フツーのSSDだったので安心しました。

もちろん性能は・・・ですが、外観勝負?であれば、買う価値アリなSSDだと思います(個人の見解です)。

Bliksem H650 256GB 外観

絵柄のデザイン自体は少々チープさを感じますが、その印刷レベルはとてもクオリティが高く、サッカーファンのコレクションアイテムとしては良いかもしれません。

PCに装着すれば、見えなくなりますが・・・(笑)

今回は以上です!

   

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓
 第16弾:TECLAST A810 WIN-INシリーズ 256GBだ!
 第15弾:WALRAM 2.5 SSD 256GB サッカーW杯応援?Ver.
 第14弾:Bliksem H650 256GB サッカーW杯便乗?Ver.
 第13弾:SUNEAST SE900 SATA SSD 1TBを追加購入!
 番 外 :2TBが3,900円!超怪しいSSDはやっぱり容量偽装品だった…
 第12弾:Dahua C800Aを分解したら…RAYMX?REALTEK?
 第11弾:Fanxiang S101 SSD試用記録 YEESTOR?
 第10弾:EDILOCA ES106 2.5インチSATA SSDを買った!
 第9弾 :激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた
 第8弾 :SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

  1. あきちゃん より:

    私が同じストアで買ったSomnAmbulist(直訳:夢遊病者)H650について報告します。
    ①512GB YeestorYS9082HP Sandisk 96L BiCS4 QLC 1.33Tb/die 3個
    まあまあ普通に使える。しかし、初めからあったハードウェアECC訂正の値がどんどん増える。やはりNAND品質は良くないようです。基板はBliksemと同じですね。
    ②480GB SMI SM2259XT Intel 64L(B17A) QLC 1024Gb/die 4個
    なぜか512GBと認識される。しかしながらSLCキャッシュが切れる120GB以上書き込むと、コントローラチップが暴走して80℃超になり電源が切れる。再接続後も暴走は止まらず、フォーマットかボリューム削除しなければ復旧しない。どこが悪いのか私には判りません。
    ③240GB SMI SM2259XT Intel 144L(N38) QLC 1024Gb/die 4個 ←数がおかしい…
    書き込みは普通に出来るが、読み出しが異常に遅い。NANDの内2個が基板の印刷と逆向きなんだが、これが理由なのか?480GBとは基板が異なる。
    結局のところ、メーカーの検査落ち品を安く売っていると思われます。確認のためメーカーストアから1台買ってみます。(こちらもバルク品らしいですが)

    • あきちゃんさん
      これって、ドラゴン柄のやつですよね?
      3種類も購入されたのですね!
      私も買おうかな~と思案しているところですが、あまりよろしくないようですね?
      でも、たぶん買うと思います(笑)
      いつも情報ありがとうございます!

  2. あきちゃん より:

    そうドラゴン柄のやつですよ。買うのであれば256/512GB等が新しいのかもしれない。H650兄弟はいろんなブランドネームで売られている様ですね。
    メーカーストアでは色違いや柄が違う物もありますが、あまり安くはありませんね。また出荷は遅く、まだ製造中なのかも。それでついサッカー柄を買ってしまった。こちらは当日出荷ですしね。期間限定商品なので安いだけなのかもしれませんね。(一度品切れで再入荷なので少し不安)

  3. あきちゃん より:

    本日サッカー柄256GBが佐川で到着。早速チェックするとFWが違います!?
    HPS2227Iに上がっている。そしてNANDがSandisk 112L BiCS5 TLCに変更されていました。
    開けてみるとチップは「22110655 1250649T25」の印字です。ちなみにドラゴン柄480GBのチップが「22110655 125128N18A」でしたから、125の後は容量とダイの種別を表すみたいですね。

    • 早速、中身が変わっていましたか・・・
      この辺?のSSDをアリエクでリピート買いすると、だいたい前回とは中身が変わっていますね!
      ホント、「おみくじ」、「ガチャ」ですね!!

  4. あきちゃん より:

    訂正します。ドラゴン柄②480GBのNANDは Micron 64L(N18A) QLC 1024Gb/dieでした。

タイトルとURLをコピーしました