金属の質感?Netac N530S 2.5 SATA 256GB

ページのアイキャッチ画像 ThinkPad X240

今回は Netac(ネタック)という中国のメーカーの2.5インチ SATA SSDについて記録します。

NetacのSSDはAmazonなどのネットショップで以前からよく見かけていたので存在は知っていましたが、実際に使用するのは初めてです。

そして、今回購入したのは、筐体の色がシルバーの 「N530S 256GB」 です。

本当は違うメーカーのSSDを購入するつもりでしたが、Amazonのセールで2,000円を切るかなり格安なプライスで販売されていたので、思わずポチッてしまいました。

Netacは、中国ではそれなりに知名度がある企業らしい・・・と、以前なにかで読んだことがあったので(うろ覚え)、それなりの品質を期待して購入してみました。

スポンサーリンク

Netac N530S 256GB パッケージ確認

それでは、いつも通り、箱の外観から確認していきます。

まずは表面です。
あまり中華っぽくないデザインで、実物の写真を印刷したごくフツーな感じです。
N530Sのシリーズには今回のシルバーの他にブラックのものも販売されているので、箱のデザインで中身を識別するようになっているのでしょう(たぶん)。
右下の「256GB」の部分はシールです。

Netac N530S 256GB パッケージ外観(表)

裏面です。
メインは英語表記ですが、「SATA Revision 3.0」をわざわざ10ケ国語の文字で記載しています。
そんなに重要なワードだとは思えないのですが・・・、必要なのでしょうか?

Netacの正式名称は「Netac Technology Co., Ltd」で、本社は中国 深圳のようです。

中央やや下に貼られたシールはAmazonの商品管理用のシールだと思いますが、ここに印刷されている「金属の質感(シルバー)」のフレーズが個人的にとても気になります。
金属の質感を持たせたプラスチック製ということでしょうか?

もちろん、Made in Chinaです。

Netac N530S 256GB パッケージ外観(裏)

開封しました!
SSD本体の他に読まない紙が入っていました。
この紙を開いて内容を見てみると・・・
箱の裏面は10ケ国語でしたが、こちらは25ケ国語の記載があります。
記載内容は・・・全く役に立ちません・・・

Netac N530S 256GB パッケージ中身

ちなみに日本語表記はこんな感じです。
とても重要なことが簡潔に記載されています(笑)

Netac N530S 256GB マニュアル抜粋(日本語表記)

つづいて、SSD本体外観です。
なんと筐体はアルミ製でした!
「金属の質感」の言葉の意味は「なんちゃって金属」ではなく、本当に金属製でした(笑)
表面はブラスト仕上げのようになっており、「金属の質感」はなかなか良い感じです!

Netac N530S 256GB SSD本体外観

筐体の封印シールです。
剥がしやすいよう?にチョット浮いています。

Netac N530S 256GB SSD本体 封印シール

封印シールを剥がすと、プラスネジが出現しました。
筐体のフタを開けるためには、このネジを取り外す必要がありそうです。
(黄色のマスキングテープは気にしないでください)

Netac N530S 256GB 封印シール下の固定ネジ

はいっ、フタを開けました!
基板はネジ止めされています。
NANDが2つ見えますが、コントローラーがないので、こちらは裏面のようです。

Netac N530S 256GB SSD本体中身

基板を取り外しました!
コントローラーはYeestorです。が、チョット違和感が・・・
今まで見たYeestorは、基板に対して45度の角度で実装されていたのですが、これは水平垂直です。
たしかに今まで見たYeestorとは型番が違っており、「YS9085N」と刻印されています。
これは新型のコントローラーでしょうか?
しかし、YeestorのHPにも載っていません・・・わからん。
ちなみに今まで見たYeestorは「YS9082HP」や「YS9082HC」でした。

Netac N530S 256GB 内部基板外観

コントローラーとNANDの拡大です。
NANDは「SPS64472LBTH2」と刻印されたものが計4枚実装されています。
Amazon販売ページの商品説明では、NANDは「TLC」と記載されていましたが、実際はどうなんでしょう?
最後に調べてみましょう。

Netac N530S 256GB 実装チップ拡大
スポンサーリンク

Netac N530S 256GB 動作確認

それでは今回も ThinkPad X240(i3)で動作確認です。

Netac N530S 256GB ThinkPad X240 取付状態

BIOSでの認識は「Netac SSD 256GB」です。
「N530S」のシリーズ名はありません。

Netac N530S 256GB ThinkPad X240 BIOS認識状態

Windows10(21H2)をインストールしたら、早速 CrystalDiskInfo です。
シリアルナンバー(「※」で隠しています)は、本体ラベルに印刷されていたものとは全く異なります。
やはり、格安SSDはこんなもんでしょう。
温度は微妙に動いていますが、かなり低めです。

Netac N530S 256GB CrystalDiskInfo 実行結果

つづいて、CrystalDiskMark です。
Amazon販売ページの商品説明によると、スペックは

 読出し : 550 MB/s
 書込み :
500 MB/s

とのことです。
実際はどうなんでしょう?
エイっ!

Netac N530S 256GB CrystalDiskMark 実行結果

まぁ、フツーですね~
新型?コントローラーの「YS9085N」搭載で多少期待しましたが、従来のものと変化は見受けられません。

CrystalDiskInfoで温度が動いているようだったので、一応ログを採ってみました。
グラフの形はそれらしくなっていますが、全体的に温度が低めです。
絶対値がかなりズレているような気がします。
やはり、温度は信用できません。

Netac N530S 256GB CrystalDiskMark 実行時の温度ログ

最後に sg_flash_id でNANDを確認しておきます。
結果、Micron 176L(B47R) TLC と出ました。
TLCは商品説明通りでした!

Netac N530S 256GB sg_flash_id 実行結果
クリックで拡大
スポンサーリンク

まとめ

2,000円を切る激安価格だったので衝動買いしたNetac N530Sでしたが、格安SSDとしては、全体的にそこそこのレベルを確保しており、わりとフツーに使えそうな気がしました。

初見のコントローラー Yeestor YS9085Nについては、ネットで情報を見つけることができなかったので、従来のYS9082HPやYS9082HCと何が違うのか?気になりますが、もはやSATAの転送速度が大幅に向上するようなことはないでしょう。

まぁ、所詮は格安SSD。
性能はさておき、筐体の「金属の質感」がなかなかなSSDでした!

今回は以上です。

   

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓
 第25弾:AGI AI238 256GB 久しぶりの2.5SATA SSD!
 第24弾:金属の質感?Netac N530S 2.5 SATA 256GB
 第23弾:MONSTER STORAGE MS950 2.5SATA 試用記録
 第22弾:SUNEAST SE800 Lite 256GB~中身はHIK○○?
 第21弾:今さらですが…SUNEAST SE800 256GBを買いました!
 第20弾:HIKSEMI E100 256GBが格安だったので購入!
 第19弾:ドラゴン柄のH650 Somnambulist 256GBを試す
 第18弾:Hanye Q60が発売されていたので256GB版を試してみた!
 第17弾:XrayDisk 2.5SATA SSD 256GBはどうだ?
 第16弾:TECLAST A810 WIN-INシリーズ 256GBだ!
 第15弾:WALRAM 2.5 SSD 256GB サッカーW杯応援?Ver.
 第14弾:Bliksem H650 256GB サッカーW杯便乗?Ver.
 第13弾:SUNEAST SE900 SATA SSD 1TBを追加購入!
 番 外 :2TBが3,900円!超怪しいSSDはやっぱり容量偽装品だった…
 第12弾:Dahua C800Aを分解したら…RAYMX?REALTEK?
 第11弾:Fanxiang S101 SSD試用記録 YEESTOR?
 第10弾:EDILOCA ES106 2.5インチSATA SSDを買った!
 第9弾 :激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた
 第8弾 :SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ : ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました