激安SSD?!緑の Hanye Q55 256GB 購入してみた

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X240

たてつづけになりますが、今回もまた格安SSDネタです。

最近記録したKigFastSUNEAST、そして今回購入したHanye Q55もかなり低価格で販売されており、思わず試してみたくなりました。

 KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!

 SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~

特に激安なのが1TB版で、なんと6,000円台で販売されています。
円安の時期にもかかわらず、価格破壊的な激安SSDです。

ということで、今回は「Q55 256GB」を購入し、早速試用してみました!
(1TB版は個人的に使い道がないので、やめました・・・)

型式の「Q」からNANDに「QLC」が採用されているのでは?と想像しましたが、実際はどうなんでしょうか?

ちなみに、Hanye W400N400はこちらからどうぞ↓

↓Hanye W400 128GB↓

↓Hanye N400 128GB↓

スポンサーリンク

Hanye Q55 パッケージ

まずは、パッケージ外観です。

Hanye Q55 パッケージ外観

デザインについては、先日試用したHanye N400とほぼ同じで、色が青から緑になっており、Western DigitalのWD Blue(青)とWD Green(緑)の関係のように、色的にも「やっぱりQLCかな?」と想像しました。

Hanye Q55/w400/N400 パッケージ 外観比較

中身です。
日本語の取扱説明書は、基本的にN400と同じ内容で、製品仕様の欄が製品に合わせて変更されています。

Hanye Q55 パッケージ 中身

N400とQ55の製品仕様欄を比較すると、N400 256GBのTBWが「150TB」でQ55 256GBは「80TB」と少なくなっており、「やっぱりQLCでしょう?」と確信に近づきました!

Hanye Q55/N400 製品仕様 比較
クリックで拡大

SSD本体です。
W400/N400と同様、オールアルミ製の筐体です。
裏側のラベルにシリアルナンバーが印刷されています。

Hanye Q55 SSD本体 外観
スポンサーリンク

中身確認!

では、恒例の中身確認です。
当然ながら筐体を開けると「Warranty Void」ですが、W400/N400と同様、封印シールはありません。
N400で追加されていたネジ(1本)はありました。

Hanye Q55 筐体ネジ

スキマにピックを突っ込むと、パカッと空きました!
基板を固定しているネジ3本を取り外して、基板を取り出します。

Hanye Q55 SSD本体 中身

基板の表裏です。
コントローラーとNAND×2個の構成です。

Hanye Q55 基板外観

チップを拡大すると・・・
コントローラーは、N400と同じ「SM2259XT」でした。
NANDには「S29F01T2ALCQK1」と刻印されていますが、いつものごとくググっても詳細不明です・・・
最後に「smi_flash_id_ata」で調べてみます。

Hanye Q55 チップ拡大

参考までにQ55とN55の基板を並べるとこんな感じです。
よく似ていますが、当然同じではありません。

Hanye Q55/N400 基板比較

動作確認

今回もテスト機は、ジャンクThinkPad X240(i3)を使用しました。

Hanye Q55 ThinkPad X240 取付状態

まずは、BIOSでの認識状態です。
Hanye-Q55-256GSY04」と表示されました。
当たり前ですが、SSD本体ラベルと取扱説明書の製品仕様欄に記載されている型番と同じです。

Hanye Q55 BIOS認識状態

Windows10 Pro(21H2)のデバイスマネージャーです。
あまり必要ない画像ですが、慣例通り記録しておきます(すみません・・・)。

Hanye Q55 デバイスマネージャー 認識状態

つづいて、CrystalDiskInfoです。
温度の数値は動いているので、温度センサーは機能しているようです。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、SSD本体ラベルのものと一致しており、Goodです。

Hanye Q55 CrystalDiskInfo 結果
スポンサーリンク

それでは、CrystalDiskMarkの一発勝負です。
製品仕様書によると、最大転送速度は520MB/sです。
エイっ!!

Hanye Q55 CrystalDiskMark 結果

ランダムリード(RND4K Q32T1)が他の格安SSDより少し凹んでいるような気がしますが、全体的には悪くない結果です(フツーとも言う)。

一応、CrystalDiskMark実行時の温度ログも記録しておきます。
やはり、SM2259XTは(SM2258と比較して)あまり高温にはならないようです。

Hanye Q55 CrystalDiskMark実行時の温度ログ
クリックで拡大

最後に「smi_flash_id_ata」でNANDの確認です!
結果は・・・
Intel 144L QLC ~」と出ました!!
「Intel」の正規品か?は別として、やっぱりNANDは「QLC」で間違いなさそうです!(たぶん)
なるほどね。

Hanye Q55 smi_flash_id_ata 結果
クリックで拡大

まとめ

とにかく、このHanye Q55は激安ですね!
そして、激安で販売できる理由の主要因は、やはりQLC NANDの採用かもしれません。

ただ、決して「QLC」を悪者にしている訳ではなく、私自身もIntel製144層 QLCを採用したNVMe SSD「Intel 670p 1TB」をThinkPad T460Sでほぼ毎日使用しており、(今のところ)不具合は感じていません。

 リンク:ThinkPad T460s SSD換装 Intel 670p 1TB

とにかく「高性能」が必要な仕事をしている方々は別として、私のような凡人にとっては、激安なSSDが選択できるのは、とてもありがたいことです。

円安等で世間は物価高騰中ですが、他にも激安SSDが出現しているようですので、今後、それらも試用してみたいと思います。

今回は以上です。

↓ 格安SSD(2.5インチ SATA)試用記録 ↓ 

 第8弾 :SUNEAST SE900 256GB!~Maxio MAS1102搭載~
 第7弾 :KingFast 120GB SSDが激安だったので試してみた!
 第6弾 :Hanye N400 格安SSD試用記録~W400との違いは?
 第5弾 :格安SSD? LEVEN JS-600 256GBを試してみた!
 第4弾 :Hanye 128GB SSDを試してみた~格安SSD第4弾~
 第3弾 :HIKVISIONの120GB 格安SSDをX240で使ってみた
 第2弾 :格安SSD WINTEN WT200 256GBをX240で試す!
 第1弾 :ThinkPad X240 SSD換装 KLEVV N400 120GB
     KLEVV N400 120GB SSDを分解してNANDを確認
   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)
タイトルとURLをコピーしました