Crucial P3 PlusはQLCだと思っていたら…まさかの…

ページのアイキャッチ画像 ThinkPad X1 Carbon 6th

今回は、CrucialP3 Plus 1TB の記録です。

ご存知のとおり、P3シリーズはPhison製コントローラー+QLC NANDの組み合わせ。
そして、P3 Plus は PCIe Gen4仕様です。
なので、Gen4対応のマシンに取り付けるのが普通ですが、今回はGen3仕様のマシンに取り付けてみました

そんな無駄なことをして意味があるのか?と笑われそうですが、Gen3のマシンにGen4のSSDを取り付けると転送速度はどうなるのか?一度試してみたかったので、やってみました!(笑わないでください)

Gen4仕様のP3 PlusとGen3仕様のP3は基板レイアウトや実装されているチップが同じであると以前どこかで読んだ気がするのでGen3仕様のP3と比較してみます。
そして取り付けるマシンには、以前の記事でGen3仕様のP3を取り付けた実績のあるThinkPad X1 Carbon 6th(2号機)を選定。
同じマシンを使用して純粋にGen3とGen4の差を確認してみます!

そんなイレギュラーな内容(笑わないでください)の記事ですが、いつもの流れで記録していきます。

↓ Crucial P3 TLC仕様の記事はこちら ↓

スポンサーリンク

Crucial P3 Plus パッケージ確認

まずは箱の表面です。
外観/中身とも、基本的にP3と何ら変わりありません。
しいて言えば、箱の印刷表面がツルツルからザラザラ(デコボコ?)になっていることでしょうか?
封印シールに印刷されたシリアル番号をはじめ、各種規格・基準のマークなど、必要な情報をしっかりと記載しているところは、さすがCrucialです。
画像にはありませんが、封印シールに「Origin Malaysia」と印字されています。
P3は「Origin Mexico」だったので、原産国が変わっているようです。
ツルツルとザラザラの違いは、原産国の変更と関係があるかもしれません(ないかもしれません)。

Crucial P3 Plus 1TB パッケージ外観(表)

裏面です。
やはり、P3と同じです。

Crucial P3 Plus 1TB パッケージ外観(裏)

P3 PlusとP3の箱を並べてみました。
ツルツルとザラザラの違いがわかるでしょうか?
まぁ、どうでもいいことですが・・・

Crucial P3シリーズ パッケージ比較

中身の構成もP3と同じでなので、特にコメントありません。
先に進みます!

Crucial P3 Plus 1TB パッケージ 中身

SSD本体外観です。
ぱっと見は、これまたP3と同じで、「Plus」や「PCIe 4.0」の文字を見ないと見分けがつきません。
チップが実装されていない裏面のラベルに印字されたシリアルナンバー(ボカシています)は箱のラベルのものと一致しています。
一流メーカーのCrucialなので、きっとSSD内部に記録されているナンバーも一致しているでしょう。

Crucial P3 Plus 1TB SSD本体外観

恒例のラベル剥がしです!
コントローラーとNANDが1個ずつ実装されています。
コントローラーはP3と同じ「Phison PS-5021-E21」。
NANDは「3QC2D NY244」で「Q」の文字が含まれているところが、何となくQLCを連想させます。
ただ、P3のNANDの型番とは異なっています。同じNANDだと思っていたのに・・・
ちなみに、P3 1TBのNANDは型番「2KC2D NY161」の「Micron 176L(N48R) QLC」でした。
最後にphison_nvme_flash_id2で正体を確認してみましょう。

Crucial P3 Plus 1TB ラベルを剥がしたところ

コントローラーの拡大です。

Crucial P3 Plus 1TB コントローラー拡大

つづいて、NANDの拡大です。
参考としてP3のNAND NY161の画像を右下に貼り付けています。

Crucial P3 Plus 1TB NAND拡大

基板全体をP3 1TBの画像と並べて比較してみました。
両者の見た目はまったく同じだと思っていましたが・・・これまた違いました・・・
P3はNANDを4個まで実装できるようになっていますが、P3 Plusには1個分のパターンしかありません。
これはP3とP3 Plusの違いではなく、製造時期による違い?
最近マイナーチェンジしたのかな?
当初の想定と違っていたので、ネットで調査しようか?と思いましたが、面倒なのでやめました。
いつも手抜きです(笑)

Crucial P3シリーズ 基板比較
スポンサーリンク

Crucial P3 Plus 動作確認(Gen3動作)

冒頭で説明したとおり、今回 P3 Plusを 取り付けるマシンは、PCIe Gen3ThinkPad X1 Carbon 6th(2号機)です。
以前、P3の記事を記録した際に使用したマシンなので、P3 Plusとの比較がわかりやすいと思い選定しました。

ThinkPad X1 Carbon 6th(2号機)外観

早速、取付完了です。
一旦剥がしたラベルは元に戻しています。

Crucial P3 Plus 1TB ThinkPad X1 Carbon 6th 取付状態

Win11(22H2)をインストールして、まずはCrystalDiskInfoです。
転送モードが「PCIe 3.0 x4」になっています。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、箱のラベル、本体ラベルのものとバッチリ一致しています。
ファームウェアについてもラベルに印字されていたものと一致しています。
さすが、この辺は格安SSDとは違いますね。

Crucial P3 Plus 1TB ThinkPad X1 Carbon 6th CrystalDiskInfo 実行結果

それでは、今回のメインイベントです!
CrystalDiskMarkを実行して、P3と比べてみましょう。
1TB版のPCIe Gen4 x4動作時の公称値は以下の通りですが、今回はGen3動作ですので、当てになりません。

 シーケンシャル読込:5,000 MB/S
 シーケンシャル書込:
3,600 MB/S

さて結果は・・・

スポンサーリンク

こんな結果になりました。
Gen3動作としては、まずまずと言ったところでしょうか?

Crucial P3 Plus 1TB ThinkPad X1 Carbon 6th CrystalDiskMark 実行結果

そして、P3 PlusとP3の結果を並べて比較してみると・・・
とても良く似た数値になっていますが、細かく見れば、全体的にわずかにP3 Plusの方が高い数値になっています。
まぁ、誤差と言っても否定できないレベルですが、値段の高いP3 Plusの方が上なのでヨシとしましょう!

ThinkPad X1 Carbon 6th Crucial P3シリーズ CrystalDiskMark 実行結果比較

CrystalDiskMark実行時の温度ログですが、P3は「Drive Temperature」に加えて「Drive Temperature2」が存在していたのですが、P3 Plusには「Drive Temperature」しかありませんでした。
Max温度が58℃とあまり高くない温度になっていますが、P3の時の温度ログから勘案すると、これは(たぶん)コントローラーの温度ではないと思われます(どこの温度か?はわかりません・・・)。

Crucial P3 Plus 1TB ThinkPad X1 Carbon 6th CrystalDiskMark 実行時の温度ログ

最後に phison_nvme_flash_id2 を実行して、NANDを確認します。
当然、P3と同じ「QLC」だと思いますが・・・

Crucial P3 Plus 1TB phison_nvme_flash_id2 実行結果
クリックで拡大

あれー、TLC だ!
P3 1TBと同じMicron製 176層 QLCと想定していましたが、完全に想定外でした・・・
Micron製 232層 TLCは、わりと新し目のNANDですね!
QLCよりもコストが安いのだろうか・・・

まとめ

今回はGen4のSSDをGen3にしか対応していないマシンに取り付けたら転送速度はどうなるか?確認してみましたが、結果はやはり予想通りでした。

「当たり前だろ!」と笑わないでください(笑)

それよりも、P3 PlusのNANDがQLCではなく、TLC だったことが今回の大発見?でした。
たしか、発売当初は「PS-5021-E21」+「NY161(Micron製 176層 QLC)」で、基板構成もP3と同じだったはず(たぶん)ですが、今回試したP3 Plusは違っていました。

もしかしたら、今はP3も同じようにMicron製 232層 TLCに変わっているのかもしれませんが、定かではありません・・・
Crucialからの正式なリリースとかあったのかな?

ちなみに私が試したP3、P3 Plusの購入時期はそれぞれ2022年12月と2023年12月で約1年の差があります。

やはり、SSDは一流のものも格安のものも変化が激しいようですね!

今回は以上です。

   

↓ 格安NVMe SSD 試用記録 ↓
DRAMキャッシュ付き!AGI 512GB NVMe SSD
Pro版も確認! XrayDisk 512GB Pro(2024年版)
Crucial P3 TLC NAND仕様をGet?~アリエク購入品~
XrayDisk NVMe 512GB 2024年購入品を再確認
Crucial P3 1TBをAliExpressで購入!本物?
ノンブランドSSDガチャ!第2弾 SSCT SCCTP-800 256GB
TWSC TP256A NVMe SSD ~楽天ノンブランド品~
アルミ製ヒートシンク付き!PUSKILL NVMe 256GB
KINGMAX PCIe NVMe 256GB バルク品を買ってみた
SomnAmbulist NVMe SSD ラベルに惹かれて購入!
Crucial P3 PlusはQLCだと思っていたら…まさかの…
XrayDisk NVMe SSD 512GB Proを試す!
AcclamatorのエントリーNVMe SSD N20を買ってみた
グドガ? GUDGA GV256 (NVMe SSD) 試用記録
Hanye のNVMe SSD ~ E30 512GBを試してみた!
KingSpec NVMe NEシリーズ 512GB 試用記録
一流メーカーの格安SSD?Crucial P3 1TBを買いました!
KingBank NVMe SSD おまけのヒートシンクがGood!
Acclamator N30 NVMe SSD 256GB 試用記録
XrayDisk 256GB NVMe SSDを試してみた!
WALRAM NVMe 256GB 2枚買ったら違う基板だった!
REALTEK RTS5765DL? KLEVV C710を試してみた
KingSpec NX-256(NVMe) ヒートシンクの効果は?
WALRAM 512GB NVMe SSDが激安だったので買ってみた
激安NVMe SSD EDILOCA EN605 256GB試用記録
Patriot P310 480GB NVMe SSDを購入!
SUNEAST SE900 NVG3-512GB/256GB
Moment MT34 256GB NVMe 格安SSD 試用記録
格安?JUHOR J800 256GB NVMe SSD試用記録
格安!PASOUL(パソウル)NVMe SSD を試してみたら・・・

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ : ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

  1. メガテン より:

    こんにちは。
    確かに、P3とP3 Plusはファームウェア以外は全て同じという
    どうして二つあるのか意味不明な製品でした。

    ずばり、ちょうべいさんが今回手に入れたSSDは、OEM版で言うところのMicron 2550です。
    https://media-www.micron.com/-/media/client/global/documents/products/product-flyer/2550_nvme_ssd_product_brief.pdf
    初期型P3 PlusからNANDが替わったことで、性能がキャッシュレスSSDの最高クラスに上がっています。(蝉族を除く)

    つまり、これまた大当たりです。
    “P3 Plus TLC”などで検索しても、情報が他にない点でも価値があると言えます。
    いや~、やりましたね~。笑

    • ちょうべい ちょうべい より:

      メガテンさん
      朗報ありがとうございます!
      またまたラッキーですね!!
      あまりラッキーが続くと、この後が怖いですが・・・
      それにしても、Crucialは今後もP3シリーズをこのチップ構成で販売するのか?あるいは緊急避難的?な一時的構成なのか?とても気になります。
      また情報がありましたら、ご教示お願いいたします。

  2. kai より:

    今月BTOで購入したPCのCrucial P3 Plusを phison_nvme_flash_id2で調べたところ、
    同じようにTLCでした
    QLCだと思っていたので嬉しい誤算です

    • ちょうべい ちょうべい より:

      kaiさん、こんにちは。
      そうですか!それはラッキーです!!
      今後もTLC継続か?QLCに戻るのか?今はまだわからないですが、もしかしたら貴重なP3 Plusになるかもしれませんね!
      情報ありがとうございました。

  3. メガテン より:

    こんにちは。
    めんどくさがりなちょうべいさんの代わりに調べてきました。笑
    その結果、P3 500GBと1TBの新型、ちょうべいさんのと全く同じ箱に入った旧型P3 Plus 1TBが確認されました。
    新型は去年の10月下旬から流通しているようです。
    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o1126347735

    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x1126572808
    あと、ここで質問して落札した人は確実にここを見ていますね。
    CrucialのSSDには中国産もありますから。
    当たりはずれの報告、期待してますよ。
    それでは!

    • ちょうべい ちょうべい より:

      メガテンさん、こんにちは。
      代わりに調べていただき、ありがとうございます!(笑)

      そうですか、10月ごろからなのですね。
      TLC実装が認知されてくると、P3シリーズも人気が出てくる可能性がありますね。
      それと、ヤフオクの質問で「ツルツル」、「ザラザラ」が見分ける方法になっているのには思わず笑っちゃいました!
      確かに、このページを見た可能性が高いですね~
      いつも情報ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました