WALRAM 512GB NVMe SSDが激安だったので買ってみた

ページのアイキャッチ画像ThinkPad X1 Carbon 5th

今回はAliExpressの11.11セールで購入した「WALRAM」のM.2 NVMe SSD 512GBについて記録します。

日本では「WALRAM」のSSDはあまり見かけませんが(メモリーは見かけます)、AliExpressでは常時フツーに販売されています。

しかも、このSSD、大型セール期間と言うこともあり512GBを2,874円で購入できました!

最近は円安のため、AliExpressでのお買い得感が低下ぎみですが、それでもまだまだ捨てたもんではありません。
いろいろなセールが頻繁に実施されていますので、マメにチェックしていれば、掘り出し物をGetできます。

ただし、日本国内でもフツーに販売されているような商品は、あまりお買い得感がありませんので(逆に割高な場合が多い)、今回のSSDのように国内で見かけない商品がおススメです。

↓ WALRAM 256GB版の記事はこちら ↓

スポンサーリンク

WALRAM M.2 NVMe SSD 512GB 開封確認

いつも通り、まずはパッケージから確認していきます。

ブリスターパックで表面は傷だらけですが、中国からの発送品でパッケージが潰れていなければOKでしょう(笑)
「WALRAM」の正式な?会社名は「Shenzhen Meixin Electronics Co., Ltd.」とのことで、HPを確認したところ、メモリとSSDを製造・販売しているメーカーらしいです。
もちろん、本社は中国深圳(Shenzhen)です。

WALRAM NVMe SSD パッケージ表面

パッケージ裏側です。
3年保証の「WARRANTY CARD」と「CERTIFICATE OF APPROVAL」が印刷されていますが、すべて空欄状態です。
まぁ、この辺はそもそも期待していないので、どうでもいいです。

WALRAM NVMe SSD パッケージ裏面

パッケージ周囲は熱圧着等されておらず、簡単に開封できるようになっています。
また、封印シールもないので、未開封品かどうか?の区別はつきません。
パカッと開けると、こんな状態になります。

WALRAM NVMe SSD パッケージ開封状態

SSD本体です。
表面のラベルも少し斜めになっていますが、裏面のラベルはとんでもない貼り方です・・・
ちなみに、このSSDにはモデル名(型番)がない?ようで、「M.2 NVMe Series」をモデル名として識別しているようです。
つまり、WALRAMにはM.2 NVMeのラインナップが1種類しかないということでしょう(容量は128GB~1TB)。
片面実装タイプで、チップはラベルで見えませんが、WALRAMのHPに掲載されている写真を見ると、コントローラーは「SM2263XT」のようです。

メーカーリンク:M.2 128GB 256GB 512GB 1TB 2280mm PCIe M.2 NVMe SSD

WALRAM NVMe SSD 本体外観

ラベルを剥がしました!
やはり、コントローラーは「SM2263XT」でした。
NANDには「YMN08TE1B1JC3B」と印刷されていますが、正体については最後に調べましょう。

WALRAM NVMe SSD ラベルを剥がしたところ

WALRAM M.2 NVMe SSD 512GB 動作確認

動作確認は、今回もThinkPad X1 Carbon 5thを使用します。

WALRAM NVMe SSD X1 Carbon 5th 取付状態

BIOSでの認識は「WALRAM 512G」で、やはり固有のモデル名らしき表示はありません。

WALRAM NVMe SSD X1 Carbon 5th BIOS認識状態

無事にSSDを認識できたので、いつも通りWindows10(21H2)をインストールして、CrystalDiskInfoを実行しました。

パッケージに封印がなかったのでチョット心配していましたが、間違いなく新品のようです(失礼)。
転送モードもちゃんとPCIe 3.0 ×4で動作しています(これまた失礼)。
ただ、温度は動きが見られないので、固定かもしれません。
シリアルナンバー(「*」で隠しています)は、ラベルに印刷された番号とは全く違いました。

WALRAM NVMe SSD CrystalDiskInfo 結果
クリックで拡大

それでは、CrystalDiskMark実行の前にメーカースペックの確認ですが、AliExpressの商品ページとメーカーHPでは数字が異なっており、どちらが本当なのか?よくわかりません。
それぞれの512GB版のスペックは・・・

AliExpress商品ページ
  READ:2,000 MB/s
  WRITE:1,600 MB/s

メーカーHP
  READ:3,100 MB/s
  WRITE:2,500 MB/s

と、全然違います。
どちらが正しいのでしょうか・・・

では、実際に確認してみます。
設定は「デフォルト」です。
結果は・・・

スポンサーリンク

やはり、メーカーHPの数値には遠く及ばず、AliExpress商品ページの方が正しいようです。
それでも、このクラスのSSDとしては、特に悪い数値ではありません。
512GBが3,000円未満で購入できたのですから、まったく文句ない数値です。

WALRAM NVMe SSD CrystalDiskMark 結果

一応、CrystalDiskMark実行時の温度ログについても記録はしてみましたが、結果、終始48℃から動きが見られませんでしたので、割愛します(48℃固定かもしれません)。

最後に「smi_nvme_flash_id」でNANDを確認してみました。
コントローラーは「SM2263XT」、NANDは「YMTC 3dv2-64L TLC」と出ました。
Version2は、チョット古いような気がしますが、私のADATA SX8200 Proと同じなのでヨシとしましょう(???)。

リンク:ADATA SX8200ProをThinkPad E595で再評価

WALRAM NVMe SSD smi_nvme_flash_id 実行結果
クリックで拡大

まとめ

「WALRAM」のNVMe SSDは、特筆するような面白い?点のない、ごくフツーな感じですが、この価格なら(個人的には)十分満足できるSSDでした。

AliExpressを見ていると、このWALRAMのように国内ではあまり見かけないSSDがいろいろ販売されており、また頻繁にセールが行われているため、運が良ければ激安なSSDがGetできますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

以上です!

   

↓ 格安NVMe SSD 試用記録 ↓
XrayDisk 256GB NVMe SSDを試してみた!
WALRAM NVMe 256GB 2枚買ったら違う基板だった!
REALTEK RTS5765DL? KLEVV C710を試してみた
KingSpec NX-256(NVMe) ヒートシンクの効果は?
WALRAM 512GB NVMe SSDが激安だったので買ってみた
激安NVMe SSD EDILOCA EN605 256GB試用記録
Patriot P310 480GB NVMe SSDを購入!
SUNEAST SE900 NVG3-512GB/256GB
Moment MT34 256GB NVMe 格安SSD 試用記録
格安?JUHOR J800 256GB NVMe SSD試用記録
格安!PASOUL(パソウル)NVMe SSD を試してみたら・・・

   

SSD CrystalDiskMark 結果のまとめ :ちょうべいの SSD 記録(まとめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました